タグから検索

Elevenホール

前回に引き続きイベント業務をご紹介します!! 今回はEleven Guitarsのホールと合わせて、音の鳴る仕組みについて簡単にご紹介できればと思います♫

近江八幡駅から徒歩4分の場所にあるEleven Guitarsは『楽器工房』、『楽器販売』、『練習スタジオ』、『レコーディングスタジオ』、『音楽教室』と盛りだくさんの建物になっていますが、小さなライブイベントを行えるスペースも完備しております♪

ライブハウスっていう場所をイメージされるとキャパや導線など不便な箇所もありますが、仲間内での演奏会やアコーステックライブ、アーティストのワンマンライブなんかには非常に使いやすい価格とサイズになっております!!!

キャパなどはライブハウスに見劣りすると先に書きましたが、機材はなんら劣ってません!!!

とくに音には自信をもってご利用頂いております♪

機材の写真と合わせて簡単に音が皆さんの元に届くまでのシステムをご紹介します!!

まずはマイクですね。

カラオケなどで使ったことある人がほとんどかと思います。

マイクに向かって歌ったら大きな音になる。っていうイメージですよね。

実はマイク自体は音を大きくするものではなく、音を電気信号に変換するものです。

ライブ会場では声だけでなく、ギターアンプやドラムなどもマイクで収音します。

各マイクから変換された電気信号が集まるのがミキサーです。

ミキサーでは音量や音色を調整します。

この時点ではまだ小さな小さな電気信号です。

ミキサーでバランスを整えた信号をパワーアンプが人の耳に聞こえるように信号を増幅してくれます。

そして最後、大きな電気信号を実際の『音』に変換してくれるのでスピーカーです。

実際には途中でいろいろなケーブルやエフェクター、プロセッサーなどを通っていますが、音響の大きな流れとしては

マイク→ミキサー→パワーアンプ→スピーカー

です!!!

スピーカーにはお客さんが楽しむようのフロントスピーカーと演者が自分の音を確認するモニタースピーカーがあったり・・・

そんなのはまたいずれ書ければと♪

さてさて、話をホールに戻しまして。

照明もミキサーでコントロールします。

照明に色をつけるためにカラーフィルターを張ります。

そうすると1色つけるために1つの灯体が必要になります。大変・・・。

ですが、LEDを使うことで1つの灯体で複数の色が作れるようになりました。

さらに省エネ♪

小さいステージですが、スモークを炊いて照明をつけるとなかなか雰囲気がでますよ。

上手な演奏をするための練習は大変ですが、ステージに立つことは難しくありません。

ほんの少しの勇気だけ!!!(笑)

本格的なステージ、本格的な音響で気軽に演奏できる機会を持ってもらいたいと思いホールを造りました。

仲間内で楽しむ、人前で演奏してみたい、大きいステージに立つためのステップなど使い方は人それぞれですが、Eleven Guitarsで演奏したこと、ライブを観にきたことがみなさんの心のどこかに残れば嬉しいです!!!

これからもたくさんイベントをやっていきます。

出演してみたいという方、イベントを企画してみたいとい方、お気軽にお声かけください♪

本番さながらのリハーサル練習、ゲネプロのご要望もお待ちしてます。

StartFragment

少人数の集会から大型フェスまで‼︎ 音響、イベント制作などなんでもご相談ください♫ 0748-32-6511 shogo_eleven_22@yahoo.co.jp 担当:岩崎

スタジオ予約絶賛受付中! ElevenのスタジオはLINEで予約可能! ID @pqa8882z を検索し、お友だちになってください!

EndFragment