タグから検索

ピックアップクリーニング Humbucker

みなさんはなぜ楽器を始められましたか?

純粋に音楽を楽しみたいという方もおられると思いますが、モテたいカッコ良く見られたい!!という方が大半ではありませんか?(笑)

楽器の『見た目』というのは、音楽を楽しむ上でとても重要な要素だと思っています。

ヴィンテージ楽器のように塗装の剥がれやパーツのサビなど、全体的に使用感のあるものが魅力的と思われる方もおられれば、ピカピカが好みの方も!!!

また、その選択は楽器によっても変わったりしますね!!それがまた面白いところ!!!

個人的には、レスポールはピカピカ、ストラトは使用感満載が好きです♪

今回は楽器全体をピカピカにするご依頼を頂きましたので、その中で僕が担当したピックアップクリーニングを取り上げてご紹介します。

上記では見た目の話ばかりしましたが、クリーニングが音に繋がる箇所も多々ございます!!!

それでは作業工程を。

昨年の水害により、水没してしまったそうです。

あれだけの大きな災害に対して微力ながら僕たちにできることは、せめて楽器をできるかぎり元の状態に近づけることかと・・・。

写真ではわかりにくいですが、くすみやザビが出ているパーツ交換を行います。

まずはピックアップカバー。

裏面のハンダを丁寧に吸い取り、カバーを取り外します。

カバー内、ポールピースがサビています・・・。

残った古いハンダをヤスリで削り落とします。

合わせて本体にヤスリで足をつけることで、ハンダの定着が良くなります♪

カバー側にも、サンドペーパーで足付け。

ここまで準備できたらいよいよ取り付け!!

バイスでしっかりと固定して、ハンダ付けを行います。

ここで固定が不十分だと、本体とカバーに隙間でき、共振やハウリングの原因になることも・・・。

カバー交換はこれにて完了!!!

輝いております♪

さてさて続いてはポッティング!!!

真空状態にし、コイルやカバー内にロウを浸透させることで、共振やハウリングの予防になります。

ロウの種類や、温度調整などなかなか難易度の高い作業になります。

詳しくはまたそのうち書こうかなと・・・。

最後にポールピース交換!!

しっかりとロウが浸透していることが確認できます♪

ポールピースのサビは音にも影響を与えます!!

音の濁りが気になる方は、ポールピースのクリーニング・交換で改善されるかもしれません!!!