タグから検索
  • 秋元

BURNY セミアコタイプ AVALON L-25C

今週はネック折れ修正依頼が多く有りましたので、2本取り上げてご紹介させて頂こうかなと。 まだ手をつけた段階ですので完成はもう少し先ですが、ブログネタ切れの為…!

沖縄県からのご依頼。 335タイプのセミアコ。

完全にヘッドが分断されています。

練習中にアンプにぶつけたとの事。

幸い破損部分は毟れや欠けもなく、綺麗に接合できそうです。

トラスロッド のストッパーがかなり大きく、ヘッド裏の木材の質量が極端に少ない作りになっていました。

以前にもバーニーのセットネック・マホガニー仕様のギターを同症状でお預かりさせて頂きましたが、その個体も同じ様な仕様にっており、これらのモデルは構造的な問題を抱えていると言っても良いと思います。 ストッパー自体を小型なものに交換、ボリュート加工でのヘッド裏質量増を目的とした補強材仕込みが主な流れとなります。

現在は仮止めとして第一の接着が終了し、

ボリュート形成化するべく補強材を仕込んでおります。

そしてAVALONのアコギ。 かなり弾き込まれた風格のある一本ですが…

こちらもポッキリ。 折れてから数年経過しているらしい個体。 大気中の水分の影響でしょうか、少し黒く変色しています。 経験上、この黒い変色が起こると接着剤が木部に馴染まず、強度が出ません。 純正仕様でボリュートの形が補強の意味合いが薄く、こちらも補強材仕込み→ボリュート形成での施工を進めます。

破損部が大きく開かない為、ギターを逆さまに固定。 重力で接着剤を細部に行き渡らせます。 使う接着剤はタイトボンド。オリジナルではなくⅢ。

補強を入れるので手前側は効かなくても問題有りません。 奥(ヘッドトップ側)へ、しっかりボンドが落ちる様にします。 どちらも現在塗装中。

特にバーニーはヘッドトップがこんな感じなので、いつもより少し塗装工程に時間がかかりそうです。 リペア・カスタマイズは全国から受け付けております!お見積もり無料、問い合わせフォームからメールでご連絡ください。 スタジオ予約絶賛受付中! ElevenのスタジオはLINEで予約可能!ID @pqa8882z を検索し、お友だちになってください♪​

過去の記事
ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511(楽器修理/改造のご相談はメールにてお願い致します)
定休日 月曜 (祝日も含む)
営業時間 10:00〜(スタジオ予約状況により変動あり)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)