タグから検索
  • 岩崎

ジャック修理 Hughes&Kettner MKII

本日はケトナーMKIIの修理をご紹介します。

ヘッドアンプの中では、見かけることの多い人気機種ですね。

当工房でも年に数回は修理依頼があり、以前にジャック交換のブログも書きましたので、合わせてご覧頂けると幸いですー♪

このアンプについての感想なんかも書いてます!!!

前回のブログはインプットジャックの修理依頼でしたが、今回はスピーカーアウト、アウトプットジャックのご依頼です。

スピーカーアウトが使えないということで点検スタートです。

ヘッドアンプのほとんどが背面にスピーカーアウトが付いています。

SPEAKERSとわかりやすく書いてありますね。

使えないのは16Ω用のアウトプット!!!

中になにやらうっすらと・・・。

よーーく見るとなにか詰まっています・・・。

ピンセットでつまんでも取れそうにないのでアンプをバラします。

バラしていきますよー!!

余談ですが、真空管はTAD!!!

バラしていきますよーー!!!

もちろんアンプによってバラしていく順序が違います。

間違うとえらいことになります。

ケトナーのフロントパネルはアクリルで、傷や割れの危険があるので、いつも以上に緊張感が・・・。

金色の物体を発見!!

上から、前からピンセットでほじほじしていきます。

出ました!!

ホーン端子の先っぽですね・・・。

スピーカーケーブルの引き抜く時に取れてしまったようですね。

変な抜け方をしたのか、端子が曲がり接触不良を起こしていました。

接触不良などのパーツは交換をすることが多いですが、今回はそこまで状態がひどくなかったので、修理を!!!

しっかりと通電しました♪

最後にランニングテストを行います!!

せっかくのケトナーなので、無駄に部屋は暗くします!!!

ばっちりケトナーサウンドが出力されました♪

今回アンプ故障の原因はスピーカーケーブルプラグの劣化でした。

機材を守るためには、その機材のメンテナンスだけではなく、周辺機材のメンテナンスも不可欠ですね!!!

リペア・カスタマイズは全国から受け付けております! お見積料もり無、問い合わせフォームからメールでご連絡ください。

スタジオ予約絶賛受付中! ElevenのスタジオはLINEで予約可能! ID @pqa8882z を検索し、お友だちになってください♪

過去の記事