タグから検索

Fender TL Fotoflameネックリフィニッシュ リフレット

フェンダーフォトフレームのネック。 高価なバリトラネックをプリントシートで再現してしまおう!という力技。 もし仮にこの程度杢の出たフレイムメイプルがあったとして、強度面からネック材としての使用は避けた方が良いと思いますが、ひゃっほう!バリトラネックだぜ!と高級ギターを手に入れた雰囲気を楽しめるので当時(90年代半ば)は画期的な製品だったんだろうなぁと思います。 しかし結構な確率で定着不良が起きており、経年で剥がれが生じる個体をよく目にします。

べロッベロ。 ここまで剥がれると演奏もくそもないですよね。 手に刺さります。 フォトフレームは剥がし、塗装を塗る!そのついでにリフレット。 そういった作業を行います。

部分的にしっかり定着していた為、加熱しながらスクレイパーを使用しちまちま剥がす作戦。 こんだけ厚みがあればスーッと簡単に剥がれるだろうなぁ、なんて事を見積もり時点では安易に考えていましたが、思いの外時間がかかる作業でした、もうやりたくはありません。

丸裸にしてみると、想像とは違う上質なメイプル。 スカンクストライプはプリントではありませんでした。フォトフレーム加工を施してからスカンクを入れるのでしょうか。 写真には写っていませんが、サイドポジションは消失しています。サイドポジはフォトフレーム上にプリントされていました。 サイドポジ消失は予想外だったのでこの写真を取った時点ではちょっと焦っています。 別段の問題はありませんが、リペアを進行していく中で予想が外れるのはちょっと気持ちが悪いのです。 "こうなるだろうからこうする!…ほうらね。"の積み重ねが良い結果に繋がります。 少し歪なシェイプをしていた為、ついでにグリップシェイプの整形も行なっております。

ロゴは当然保護する必要があるので、ヘッドトップのフォトフレームは剥がさずそのまま。フェンダーのロゴを消すだなんてとんでもない。 浮きが見られる部分を接着し補強、ウレタンオーバーコートで保護します。

フレットも交換。 サイドポジは見事消え去りました。 トップのポジションマークもどうせ消えるんだろうなと考えています。

2箇所だけ残りました。 なんじゃそれ… 位置決めのマーカーとして利用されたのでしょうか、ここだけ通常のポジションマークと同じく埋没されています。 その他のポジションマークはフォトフレームにプリントされている仕様。

予想外の消失がありましたので、サイド・トップ共にポジションマークを入れます。

ものすごく飛びましたが塗装を施しほぼ完成。 ポリウレタンフィニッシュ、剥がしていないヘッドの色味にあわせたアンバーを少し濃いめに色付け。 フレットも交換しています。みんな大好きジェスカー#55090。 ナットは無漂白牛骨で。

予想に反してそもそもの木材質が高い事が幸いし、違和感なく仕上がりました。

行程的にはフレット交換とネックのリフィニッシュをしただけなのですが、予想外の事態が次々に起った記憶に残るリペア。 すごく楽しめました。 ご用命いただきありがとうございます。 ご満足いただければ幸いです。

リペア・カスタマイズは全国から受け付けております! お見積もり無料、問い合わせフォームからメールでご連絡ください。

スタジオ予約絶賛受付中! ElevenのスタジオはLINEで予約可能! ID @pqa8882z を検索し、お友だちになってください♪

過去の記事