タグから検索

電気パーツ交換 Gibson LesPaul

心新たに清々しい今日この頃です!!

なんの因果関係が、同時期に同じような修理をお受けすることが多々あります。

新年度のスタートに合わせてか電気パーツの交換、クリーニングを数本お預かりしましたので、その中からご紹介させて頂きます。

Gibson LesPaul 1980年製 

Gibson LesPaul 1981年製

個人的にレスポールシェイプが一番好みで、その中でもチェリーサンバーストが大好きです。

同時にチェリーサンバーストのレスポールに囲まれて、幸せを感じながら作業に取り掛かります!!

どちらも僕より年上です!!

まずは80年製から取り掛かります。

シールド用のプレートに囲まれ、がっちりとノイズ対策がされています。

配線を外し、ボディーからプレートごとポットを取り外します。

プレートからポットを外し、ポットから各パーツを外していきます。

配線やコンデンサーはそのまま使いまわすので、丁寧に!!!

レスポールのコンデンサーは0.022μFというイメージですが、こちらは0.02μFでした。

細かいことは気にしない!!アメリカ人らしさが出ております・・・。

ジャックもずいぶんと消耗しており、音が途切れるので交換。

こちらもがっちりとシールディングされております。

ピカピカの新しいジャックに合わせて、べとべとしていたシールディングカバーもクリーニング。

一切人目につかない、なんならオーナーさまですら目にすることのないだろうところなので、完全に自己満です・・・が、やっぱりきれいな方が気持ちがいい!!

各パーツを取り付けていきます!!

ジャン!!

潮を吹いて、固着していたスイッチも一新!!

完了です!!

続いての81年製はビフォーアフターでお届けします!!

基本手順はほぼ同上になるので、今回ははしょらせて頂きました。

似た修理依頼が続くと、同じ作業の繰り返しで退屈そう!!と思われるかもしれませんが、の細かな部分を観察して「このポットは77年製だからギブソンで3年間ストックされてたんかー」とか「コンデンサー数値適当か!!」などとスタッフ間で楽しみながら作業を進めています。

そんな作業中の小話も今後ブログやSNSに発信していこうかと思います♪