top of page
タグから検索

作業ブログ

ネック折れ修理依頼ばかりの先々週。 先週はナット交換をひたすらに行なった1週間でした。

Gibson J-45 さらっとビフォーアフターでご紹介させて頂きます! 制作方法とかの詳細きになる!という方は過去のナット交換のタグからご覧ください。 たしかまとめていた気がします。

ビフォー 純正ミカルタ。 弦間ピッチにバラつきがあり、溝の高さ設定も甘い感じ。

アフター。 無漂白のボーン(牛骨)に。 上記の問題をクリアすべく丁寧に製作。 製作する対象の楽器の雰囲気によりけりですが、事J-45だとか渋い系統の個体には、びかびかに光ったナットの雰囲気があまり好きではありません。 鈍くも奥行きを感じる照り感を大切に磨きあげました。

同時にフレットすり合わせを。

しました。 時系列としてはフレットすり合わせ→ナット製作。

今度はエピフォン。 外見がそっくりなので何度か混同しましたが、こちらは"E"J-45。

この個体はナット交換+サドル交換。 ピントがあってない…

エピフォン純正ナットに適合するサイズの素材の手持ちが無かったので、骨素材からダイレクトに切り出します。