タグから検索

年末年始 営業のお知らせ

ぱたっと更新を止めていましたが、ElevenGuitarsは元気です。笑 "あんだけブログ更新してたのに何かあった?" とお客様に心配されましたが、ご心配なく!!いつもどうり営業させて頂いておりますよー!! 言い訳ですが、10月〜12月にかけ、想像を超えた作業依頼件数を頂き、軽く許容量を超えてしまいました。 この辺りが少人数運営の辛いところ。 これ以上増えたら大変なことになるんじゃないか…と、ブログ更新を止め、身を潜めていた間に頂いておりました作業依頼の中から、ほんの一部を簡単にご紹介させて頂きます。 塗装担当の福森が撮影していた画像が100%です。 僕(秋元)は、ブログあげないし撮影しない!!と持ち前のワガママを発動し、なんのネタも持っていません… それでは!!!!

Fender USA ST 62reissue。 3TS→ゴールドへのリフィニッシュ。

ゴールドはブラスパウダーによるもの。 もちろんオールラッカーでの施工です。 冬場のオールラッカーは苦行です…。 塗膜の硬化がかなり遅くなるので、年明けの納品を予定しています。 じっくり。

少し前になりますが、ムーンのJBもリフィニッシュ。 ノンバフのラッカーフィニッシュ→グロスウレタン仕上げに変更。 アルダーボディに濃いめのワインレッド、純正の茶べっこうピックガードが映える渋い仕上がりでした。

潰しカラーの宿命か、実はボディトップに比較的大きな節がある木材でしたが、極力目立たなくなる様施工を行いました。

SonicのSTモデル。 厚い塗膜が気に入らず、オーナー様ご自身で塗装を剥がしたそうですが、見た目を綺麗にという事でお預かりさせていただきました。 オイルフィニッシュを施工します。

研磨傷、崩れたラインを修正し、完全に磨き上げた後オイルフィニッシュ。 使用オイルは桐油。

作業担当の福森曰く、高浸透性かつベタつきの無いオイルとの事。 嫌なニオイもなく、使いやすい。

オイルフィニッシュ作業と併せ、お客様持ち込みのP-90(Suhr S-90)を搭載します。 ご要望通り、ハム・シングル・P-90がすべて搭載可能なキャビティに加工を行いました。 納品後、「やっぱハムバッカー乗せたいなー」なんて時でも、それぞれのピックアップサイズに合わせたピックガードさえ用意すれば、小加工で簡単に搭載可能です。

あとはこの辺り。 ずっと"木目"や"質感"だとか、比較的ナチュラルと思しき素材やワードに媚びた傾向のある製品を製造してきましたが、もっと無機質に、未来に生きようと。 嘘です。笑 Elevenと言えばコレ!的なイメージが先行すると、依頼内容に極端な偏りが生じるので… それなりに多様性あるねんでウチ!モデルとして合間を縫って製造中。 オリジナル制作なので、完成次第店頭でご覧いただけます。

機械のように働き、お預かりしたほぼ全ての楽器に関して納品目処が立ちましたので、何とか良い年越しを迎えられそうです。 最後になりましたが、年末年始の営業時間です↓ 最終営業 12月28日 18:00〜23:00 年始営業 1月5日 18:00〜23:00 5日は本来定休の木曜日ですが、通常営業させて頂きます。

過去の記事