タグから検索

Gibson B-25 ブリッジ剥がれ Gibson SG Baritone ネックリセット Martin ooo-28 EC Hi-Fi取り付け Adamovic 5st ルミンレイ追加加工

気温がガクッと下がり、体調があまり優れません。 毎年季節の変わり目で高熱を出してきた実績がありますので、日々気を抜かず過ごしたい所。 修理・カスタム依頼を頂いた際、お客様との「納期は2〜3ヶ月程度です、年内には納品させていただける様に段取りします〜!」の様なやりとりの中で、年の瀬が迫ってきている事実に気付かされます。 こないだ年越ししたばっかやん!やばいな!!(笑)と、社内で生産性の無い雑談に花を咲かせるシーズンがやってきました。 年内…といってもあと2ヶ月ありますが、まだまだやる事がいっぱい。 日本人なので(?)お正月は大事にしたい願望があります。 いい形で1年を締めくくり、全力でダラけてやろうと思います。 では。 今週もたくさんのご依頼をいただき、楽しくお仕事させて頂きました! その中から一部をご紹介、今週作業完了したものが中心です。

Gibson B-25 1963 プラスティックブリッジの初期型です。

プラスティックブリッジあるあるですが、経年劣化で変質し、見事に浮き上がっています。

このブリッジは接着されておらず、ブリッジ裏からボディトップを挟み込む様に、4点でビス留めされています。 ADJブリッジが乗っていた痕跡らしきものが…? アンカー部にも埋め木があります。 なんでしょう… プラ→木製ADJへの仕様変更過渡期での生産ミス? これADJで作ったあかんやん!!プラスティック乗せるし穴埋めて!!!みたいな感じでしょうか。

ブリッジを留めていたビス。 なんで木ネジ…。

純正ブリッジは使い物になりませんので、コピーを製作します。 劣化により白濁していますが、表面劣化の少ない裏側は黒っぽい色味ですので、外観の変化を最小限にとエボニーを使用します。

コピー中… まっくろのエボニー材を使用。

ある程度形になったら貼り付けの段取りを行います。

前述のビスが貫通していた穴が気になりますので埋め。

スプルースで埋め木を作り、接着します。

接着部の塗装を除去し、平滑面の確保。

製作したブリッジ底面はストレート。 この状態で貼り付け位置にブリッジを置いてみると、左右で2〜3mmの浮きがみられました。 ボディトップを削り込む事は耐久性の面から危険なので、ブリッジ側で合わせます。

ブリッジ底面をいい感じに加工し、いい感じに。 ボディトップの膨らみに対し、ブリッジが隙間なく接地する様になりました。

接着。 ブリッジ接着はタイトボンド"Original"で。

2日間圧着した後、サドル溝加工に入ります。

スケールラインを測定します。 今回はオフセットサドルは製作しませんが、1・6弦の位置関係を視覚的に捉え、加工位置の見当を付けます。

溝を掘りました。 純正と比べてみると、2mmほど後退した位置がスケールラインでした。 スチュマックのSaddle Routing Jigというガイドジグを使用。 Dremel 4000に対応したフットベースが付属しているのですが、マキタ3707Fが使える様少し改造しています。 トルクが無く、3〜5回ほど往復させる必要があるドレメルに対し、マキタは無理無く2回でOK。 加工回数が増えればリスク(ズレ・傷)も増えますので、こういった工具の信頼性は何物にも代えがたいのです。 故障時のアフターパーツが豊富なのも最高です、ベアリングが焼けようが2日でパーツが届きます。

ホールの面取り・スロット加工を行い、サドル(牛骨)を製作。

フレット擦り合わせも行いました。

"元の音"はブリッジがあんな状態だったので聞いていませんが、ギブソンらしい"荒さ"を存分に楽しめる鳴り方。 ボディサイズが小さいと小さいなりの頼りない音になりがちですが、しっかり広がりを感じます。 この他、ブリッジプレートの補修も行い(撮影忘れちゃいました)、納品待ちです。 次に、以前ご紹介させて頂いたギブソンのバリトンギターを。

ネックを取り外したことにより判明しましたが、製造時にネックジョイントブロックとボディジョイント底面が接地しない状態で接着が行われていた様。 無加工で両者を合わせてみると、数値の違いからかなりのズレが見受けられます。

この部分(ジョイントブロック底面 ネック) と。

この部分(ジョイントスロット底面 ボディ)に隙間がある状態で製造されていた様です。 殆どサイドの壁のみでネックを支えていた様な物なので、そりゃ不良も起きるわな…といった状態。

ボディ側、ジョイントスロットにマホガニーで埋め木。 かさ増しし、ネックとの接地を生み出します。