top of page
タグから検索

国産クラシックギター ブリッジ剥がれ修正

もしかすると以前紹介させて頂いたかもしれません…!

Ryoji Matsuokaのクラシックギター。 いざ、ブログを書こう!となった際、作業画像を撮り貯めている記録メディア内から過去の作業を漁りますが、リペア内容が被っている物に関して既に紹介しているか否か記憶がはっきりしない場合、その作業記事の製作をボツにしてしまう事もあります…。 「ブログ見てるよ!この修理の記事も書いてね!」とお伝えいただくことが良く有りますが、多数の修理・改造・製作依頼の中から、一連の流れの要点を写真に収める事が出来た場合にのみブログとしてご紹介させて頂いておりますので、ご期待に添えない場合も多々ございます。 結局のところ、必要素材を撮り忘れてしまったり(ビフォー・アフターの一方だとか)データを消してしまったりと、僕のミスによるところが大きいので言い訳がましいですが…。 人様の楽器をお金を頂き修理した"仕事"を掲載するブログなんて利己的な宣伝目的以外の何物でも無いのですが、その事実を踏まえ掲載を快諾して頂いているお客様に「この作業の写真無いでー!ボツー!!」なんてのはあまりに失礼。 あと2年ありますが、そうこうしているうちに30歳なので、アカンなー!気を引き締め無いとなー!と思うのです。 以上!作業と何も関係が無い話でした!! さて本題。 お電話にて高校生の男の子から「家にある壊れたギターを修理して、ギターを始めたい」とお問い合わせが。 さすがにこれからギターを始めたいとおっしゃる方に、ギターの現状を電話口でお伺いするのは無理があると思い、「楽器の状態によっては高額になり、他の楽器が買えちゃうのでオススメしませんが、意外とリーズナブルに修正できる場合もありますよ」とお伝えし、後日店頭まで持って来ていただくことに。 そんなこんなでお預かりしたこちらのクラシックギターですが…↓

こんな状態でした。 ブリッジが完全にボディから外れています。 一見悲惨な雰囲気を醸していますが、ブリッジ剥がれに伴った大きな木部破損も無く、かなりキレイに剥がれてくれています。 気になる料金ですが、剥がしの工程を踏む必要が有りませんので、高校生男子にも何とか捻出できる額。 何よりも、早くギターが弾きたい!との事で、修理預かりさせていただく事に。

まず接着面(トップ側・ブリッジ側双方)の整形。

接着面が整いましたら脱脂作業を。 僕はなにかとベンジンを使用します。

ブリッジも同じく。