タグから検索
  • 岩崎

ピックアップリワイヤリング Gretsch G6119B

エレキギター、ベースの音を変えたい!!

そう思ったとき、一番に考えるのがピックアップ交換ではないでしょうか?

しかし、ルックスに愛着がある、あまり音のイメージが変わりすぎるのは嫌だ、などの理由で躊躇される方もおられるのではないでしょうか。

見た目を変えず、現在の音を雰囲気を残しながら、確実にパワーアップさせる方法があります。

それがピックアップのリワイヤリング。

本来はピックアップの断線修理などが主な需要かと思いますが、カスタムにももってこいです。

グレッチのベースです。

見た目は気にいているものの、リアピックアップの音があまり気に入らないとご相談頂きました。

ジャズベースタイプやプレベタイプのピックアップならたくさん種類もあり、好みのものを探しやすいのですが、このピックアップは選択肢が少なく、入手も困難です。

ないなら、作ろう!!

今回は一からの製作ではなく、パーツをそのまま活かして、コイルのみを巻き直すリワイヤリングをすることになりました。

さっそく取り外していきます。

まずは元のピックアップのデータをとります。

抵抗値、コイルの材質や太さ、ポールピースの磁力。

このデータを参考に、現在の音からどのようにしてご希望の音を作っていくか考えます。

低音で埋もれない、でもしっかりとローが出ていて抜けてくるサウンドイメージを希望されました。

また、ハウリングにも悩んでいるとのことでした。

イメージができたら、作業にかかります。

まずはコイルほどいていきます。

こんなにもたくさんのワイヤーが巻かれています。

ワイヤーをほどいたボビンをきれいにクリーニングしたら、さっそく新しいワイヤーを巻いていきます。

ワイヤーの被膜をポリからエナメルへ、そして少し太めのゲージを選びました。

・被膜を変えることで、少しギラついた音から、落ち着きのある音へ。

・ゲージを太くすることで、抵抗値を上げずに巻き数を増やせるので、音が暴れることなく、しっかりとしたハリのある低音を出すことができます。

巻き終わりました。

ハムバッカーなので、二つのコイルは逆方向に巻いてあります。

コイルにハウリング防止ためのポッティングを行います。

ロウ漬けですね。

ポッティングの精度でハウリングのしかたは大きく変わります。

真空パックを使って、しっかりと浸透させていきます。

巻き始め、巻き終わりが分かるように色を変えた配線材を繋げ、保護テープ

を巻きます。

コイルが仕上がったら組み立てていきます。

カバーを付けたら完成!!

ですが、この状態で再度ポッティングを行います。

カバーとの共振でのハウリングを防止します。

ピックアップが完成したら、配線を繋いでいきます。

セミアコやフルアコなどのハコモノはタコ糸を使ってパーツを戻していきます。

見た目は変わりませんが、中身は生まれ変わりました!!!

過去の記事
ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511(楽器修理/改造のご相談はメールにてお願い致します)
定休日 月曜 (祝日も含む)
営業時間 10:00〜(スタジオ予約状況により変動あり)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)