タグから検索

ジャック交換 BOSS BD-2

本日はエフェクターの修理をご紹介します。

人気エフェクターBOSSのブルースドライバーです。

音が途切れてしまうとご相談頂きました。

アウトに繋がるシールドを動かすと音が出たり、出なくなったりするので、アウトプットジャックが怪しい・・・。

さっそく内部をチェックします。

ブルースドライバーの内部はこんな感じです。

電子パーツがびっしり詰まっています。

この小さなパーツたちが、あなたの音色を作っています。

問題のアウトプットジャックはこちら。

プラグのホット側の触れる部分がすり減っています。

長年使うと、何度もプラグを抜き差しするので、どうしても消耗してしまいます。

磨けば使えないこともありませんが、音を繋ぐ大切な部分なので、交換してしまいます。

新しく使用するのは、耐久性に定評のある、スイッチクラフト製のモノラルジャックです。

パーツ交換は同じ部品を入れるのがセオリーですが、使用状況などに合わせて、変えることもあります。

端子と配線材に予備ハンダを行ってから、繋いでいきます。

ハンダ付けが完了したら、ボディーに取り付けていきます。

ナットがきれいだと、なんだか安心感がありますね!!!

ジャック交換完了です。