タグから検索

オリジナルシールド製作

シールド製作は以前にも一度ご紹介させて頂きました。

同じタイミングで3本のオーダーを頂いたので改めてご紹介します。

ぜひ、以前のブログもご覧ください。

今回使用する素材はこちら。

定番のSWITCHCRAFT製のL型とストレート、さらに今回はFURUTECH製のストレートプラグを使用します。

ケーブルはすべてBelden9778です。

まずはFURUTECHでオーダー頂いたケーブルから。

こちらはプラグが金メッキ仕様です。

金はイメージ通り、高価ですが、「酸化しない」、「伝導性が良い」などの理由から、プラグではよく使われています。

ケーブルの被膜を剥いて、芯線、シールド線に予備ハンダを行います。

プラグにも予備ハンダ。

丁寧にハンダ付けをしたら、残りのパーツを取り付けていきます。

意図的に方向性を持たせるケーブルではありませんが、ケーブルメーカーさんによると、芯線の編み方で電気の流れやすい向きがあるようです。

どちらが楽器側でどちらがアンプ側かわかるように、楽器側に黒いチューブをつけておきます。

アンプ側のプラグの同様の作業を進めます。

続いて、SWITCHCRAFT製のプラグでオーダーを頂いたケーブルを。

CWITCHCRAFTはジャックで使われていることも多く、非常に安定感のあるプラグです。

こちらは片側L片側ストレートのオーダーでした。

ストレートが楽器側。