タグから検索
  • 岩崎

ドライバー交換 CLASSIC PRO ED3401A

本日も変わりダネを。

あまり目にすることのないであろう、こちらのパーツ。

ドライバーユニットと言われるものです。

今日はドライバーユニットの交換をご紹介します。

CLASSIC PRO ED3401A。

とてもリーズナブルなPA用のスピーカーです。

音が変なので、点検してほしいとご相談頂きました。

繋いでみると、音が出ないワケではありませんが、なんか違和感。

もこっとするというか、音が全然抜けてこない感じ。

よく聞くとツイターが鳴っていません。

音響用スピーカーは、声やベース、ギターにシンバルなど幅広い音を効率よく鳴らせるように、低音と高音などを分けて、それぞれのスピーカーに出力することが多いです。

低音を鳴らすスピーカーをウーハー、中音を鳴らすスピーカーがスコーカー高音を鳴らすスピーカーをツイターと呼びます。

1つのスピーカーですべての帯域をカバーするものをフルレンジ、低音と高音に分けて鳴らすものを2Way、低音、中音、高音と分けるものを3Wayなんて呼び方をします。

よくあるスタンド型のスピーカーや、一般的なオーディオは2Wayが主流です。

さて、ツイターが鳴っていないので、バラして確認します。

ドライバーユニットはここに使われていました。

高音用のスピーカーには、コンパクトに効率よく音を鳴らすことができるホーンスピーカーがよく使われます。

ホーンスピーカーの可動部がドライバーユニットです。

この中にマグネットやダイアフラムが詰め込まれています。

取り替えは簡単、ネジを外して交換するだけ。

ですが・・・。

問題はなぜ壊れてしまったのか、というところです。

原因として、単に劣化ということもあれば、大きな信号を入力しすぎたということもあります。

その場合は問題ありません。

しかし、他の部分の故障の影響を受けて破損していたとしたら、新しく取り替えてもすぐに壊れてしまいます。

他に故障がないか、点検していきます。

まずはインプットをチェックしましたが、問題なさそうです。

続いてネットワークと呼ばれる、音を振り分けるための基板を確認します。

裏からは取り出せなかったので、ウーハーを外して前から取り出します。

よく見ると、抵抗と基板を繋ぐハンダが割れていました。

ハンダを外してみると、基板が焼け焦げて、剥がれてしまっていたので、別のポイントにハンダ付けします。

しっかりと数値でました、これで問題ありません。

ちなみに、回路を見てみると、スピーカーは3つ付いていますが、ウーハーがパラ接続になっている2Wayでした。

昨日ご紹介したパワーアンプと繋いでみましたが、これがよく鳴ってくれます。

コンサートなんかでは、このスピーカーの100倍以上の値段のスピーカーなんかが使われています。

もちろん音の解像度や音圧は違いますが、使い方次第では、このスピーカーも十分に活躍できます。

とにかく高価なものが良い!!というわけでは、場所や使い道に合わせて機材を選ぶことが大切ですね。

過去の記事
ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511(楽器修理/改造のご相談はメールにてお願い致します)
定休日 月曜 (祝日も含む)
営業時間 10:00〜(スタジオ予約状況により変動あり)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)