タグから検索

EUROPOWER EPQ2000 インプット修理

本日もアンプの修理をご紹介させていただきます。

が、楽器用アンプではなく、PA用アンプです。

EUROPOWER EPQ2000。

リーズナブルに機材を提供してくれるべリンガーというメーカーのパワーアンプです。

音響用の機材なので、ミュージシャンの方にはあまりなじみがないかもしれません。

入力された信号を増幅させて、スピーカーへと送るという役割はギターアンプなどと変わりません。

ただ、ギターアンプなどのようにEQツマミなどはなく、左右のスピーカーが鳴らせるよう2チャンネルで、レベルのツマミ2つのみというものが主流です。

スピーカーから音が出ないとご相談を頂きました。

音が出ない場合の原因は大きく分けて2つ。

  ・信号が入力されていない。

  ・信号が出力されていない。

です。

ただがむしゃらに故障箇所を探すより、少しの情報からあてをつけた方が圧倒的に早く見つかります。

今回は信号入力のインジケーターが光っていなかったので、インプット側から点検していきます。

バラしていきます。

インプットコネクターの端子が曲がっているように見えます・・・。

アンプからインプットコネクターの基板を取り外して確認します。

やはり端子が曲がっていて、基板と接続されていません。

とりあえすコネクターを取り外してみます。

曲がって端子の先が折れてしまっています・・・。

パーツを取り替えてしまいたいところですが、汎用品が使われていなかったことと、あまり予算をかけられないことから、直して使うことにしました。

これだけ小さな部品になると、折れた部分をそのままくっつけることは困難です。

先の折れた部分だけ付け足します。

まずは曲がっていた端子に穴を開けます。