タグから検索

ウッドピックガード製作 オーダーベース

半年ほど前に納品させていただいたオーダーベースのピックガードを木製(メイプル)に! 私物で程よく杢の出たメイプル材をストックしていたので、製材していきます↓

挽き割り

ブックマッチ。

特に杢の出た部分をPGに加工します!

外周カット。

一部厚みを残し加工。 フィンガーレストを削り出しました。

傷取り後のメイプルピックガード。 研磨作業が大変なのは今に始まった事ではないので苦でも何でもないのですが、2.5mmと薄く切り出しているので、反りの矯正に時間をかけました。 樹脂製ピックガードは1日あれば作業が終わりますが、木製ピックガードは1〜2週間。 自然物ですので安定していません、じっくり仕上げないと納品後に思わぬ不良が発生してしまいます。

メイプル材ですので塗装を吹き付ける事にしました、塗装を吹き付けた事でより木目が強調されています。 泡杢(キルト)縮杢(カーリー)鳥眼杢(バーズアイ)と、メイプルに生じる3大杢がこの一枚にすべて現れています。 お客様からのご依頼は「木製ピックガードにしてくれ」だけですので、木材の種類・デザインはこちら主導で進めさせて頂きました。 ボディはOPBシェイプ、カラーは飴色に着色したナチュラル系アルダーと渋めの仕上がりですので、楽器全体のイメージにマッチした仕上げを目指します。 当初ナチュラルで製作するつもりでしたので、この状態でボディに取り付けましたが何だかしっくりきません… 物は試しと着色を行いました↓

枠の細い3トーンサンバーストに! 手前味噌ですが、なかなか良い感じに仕上がりました。 お客様からの反応も良好。 塗面を磨き、グロスフィニッシュに仕上げます。

ピックガードへのバースト塗装はフェンダー アンティグアから着想を得ましたが、木目を生かした塗装により、高級感のある仕上がりになりました! フィンガーレストを一体成型にしていますので、デザインを邪魔しません。

過去の記事