タグから検索

ヒューズ交換 EDEN Marshall

アンプ故障の中で多い症状が、「電源が入らない」、「電源は入るが音が出ない」の2つです。

この症状の原因の大半は、ヒューズです。

よく「ヒューズがとんだ」なんて会話を耳にしませんか?

楽器用アンプに限らす、電化製品のほとんどに、この『ヒューズ』という電子パーツが使われているのではないでしょうか?

定格以上の電流が発生したとき、ヒューズが焼切れ、回路をシャットアウトします。

シャットアウトすることで、大切な電子回路に大きな電気が流れての故障を、未然に防いでくれています。

お家についている、ブレーカーなんかと同じ役割です。

では、ヒューズ交換の様子をご紹介します。

EDENのWTP-600です。

電源は入るが、音が出ない状態です。

ヘッドホンアウトは問題なく鳴るということでした。

デザインとして、簡易な回路が描かれている機材がありますが、結構助かったりします。

バラしていきます。

出力不良ということで、スピーカーアウトを疑ってみましたが、問題なさそう。

ヒューズも見た感じ切れてなさそうです・・・。

一応外して、テスターチェック。

導通していません・・・。

切れているということですね。シャットアウト!!

大概の場合は焼け焦げているので、見てすぐにわかりますが、たまに目視では確認できないこともあるので、テスターでの確認が必要です。

正常なヒューズは0Ωになります。

ヒューズにも種類がいろいろあります。

許容電流やサイズの違いだけでなく、スローブローと呼ばれる、過電流が一定時間流れることで切れるものもあります。

一方、ホームセンターや車屋さんなんかで売られている一般的なものをファストブローと呼びます。

ギターアンプでは、少し強い電流が瞬発的に流れることはよくあるので、スローブローを使くことが多いです。

守るためとはいえ、ことあるごとにぷつぷつと切れてしまっては、安定した使用ができなくなってしますので。

ある程度の許容範囲ということにはなりますが、選択を間違えると常に回路に負荷がかかってしまうので、パーツ選びは慎重に。

新しいフューズを取り付けて、復活です。

同時期に同じご相談があったので、合わせてご紹介します。