タグから検索
  • 岩崎

スイッチ交換&トゥルーバイパス Dunlop CryBaby


ワウの修理と改造を合わせて行ったので、ご紹介します。

ワウの定番、ダンロップのクライベイビーです。

数々の名だたるギタリストが愛用してきた名器ですね。

音が途切れてしまうということでご相談頂きました。

中を確認します。

ポットにホコリが入っている、もしくは劣化を疑いましたが、ツマミを回してもも音は途切れませんでした。

ポットは問題ありません!!

いろいろ触ってみると、どうやらスイッチが悪いようです。

ずいぶんと劣化しているようなので、スイッチを交換します。

スイッチを変えるタイミング合わせて、、トゥルーバイパス化の改造もご依頼頂きました。

トゥルーバイパスとは?

現在では多くのメーカーが採用しており、一般的なものになっているので、説明不要かもしれませんが、簡単に。

BOSSやアイバーニーズなど多くのエフェクターでは、バッファードバイパスという方式が採用されています。

本来エフェクトOFFということは、エフェクターを繋がず、直接アンプに差している状態です。

しかし、演奏中にエフェクターを外すことはできません。

そこで、スイッチがついており、エフェクトをOFFにすることができます。

しかし、バッファードバイパス方式では、エフェクトをOFFにしている時でも、バッファー回路を通っていて、原音より変化してしまします。

トゥルーバイパス方式にすることで、エフェクトOFF時にはバッファー回路を通らずにアウトプットへ繋ぐことができます。

エフェクトOFF時は、アンプに直接差している状態に近づけることができます。(ジャックやスイッチ、配線材を通るので、多少のロスはあります)

えっ?ロスがでないの?

じゃあすべてのエフェクターをトゥルーバイパスしたらいいのに!!!

そういうわけにはいかないんです。

バッファーを通らない、ハイインピーダンスの状態で3つも4つもエフェクターのジャックやスイッチ、配線材を経由するとどんどん音が劣化してしまいます。

トゥルーバイパスも万能ではありません。

つらつらと小難しいことを書きましたが、要は使い方です。

トゥルーバイパス、バッファードバイパス、どちらが良い、悪いということではなく、効率の良い使い方を選ぶことが大切です。

前置きが長くなりましたが、作業を。

まずはスイッチを取り外します。

元付いていた3ピンのスイッチではトゥルーバイパスかできないので、端子の多いフットスイッチにします。

スイッチが壊れていて、各配線の役割が分からないので、基板と配線材の導通を測って、インプットやアウトプットを探していきます。

スイッチ、配線材にしっかりと予備ハンダを行ってから、結線していきます。

その他の配線材もまとめて、スッキリ。

完成!!!

過去の記事