タグから検索

基板修正 Marshall OrageCrunch

本日はコンデンサーについてです。

先日のブログで、ギターのコンデンサー交換を書きました。

トーンをコントロールするためのパーツです。とご紹介しましたが、本日はコンデンサーの別の使い道をご紹介します。

ギターアンプのノイズが気になるとご相談を頂きました。

確認してみると、ブーーと低い音のノイズが乗っていました。

明らかに異音というノイズです。

ギターを繋いで鳴らすと、普通に出力はされますが、ノイズがのった状態。

ボリューム0の状態にしてもノイズはなくなりません。

ボリューム0状態でもノイズがするので、電源関係が怪しいかなと・・・。

さっそくバラしていきます。

オレンジか?とおもいきや、マーシャルです。

オレンジクランチ!!!

マーシャルはユニットが取り外しやすくなっております。

ユニットから、電源の基板を取り外します。

ストッパーをマイナスドライバーで押さえながら、まっすぐに引き抜きます。

基板をじっくりチャックすると、怪しいハンダ付けを発見!!

しっかりと止まっていません。

基板を動かすと、ポロリと電子パーツが!!

コンデンサーです。

先にも書きましたが、コンデンサーはトーンコントロールができるだけではありません。

実はノイズのフィルターにもなります。

みなさんが日頃使っているコンセントからは、交流と言われる電気が供給されています。

ぼくたちの生活を支えてくれている電源ですが、ここにはかなりのノイズ成分が含まれています。

アンプの電源も壁のコンセントからとりますよね?

ノイズの乗っている電気をきれいにしてくれているのが、コンデンサーです。

そのコンデンサーが基板から外れていたら、そらノイズが乗りますよね。

ハンダが劣化して、割れてしまったようなので、古いハンダをきれいに取り除き、コンデンサーを付け直します。

その後、基板をクリーニングします。

クリーニングが完了したら、組み込んで、スピーカーを繋ぎ、電源を入れてみます。

あの異常なノイズがピタリと消えています。

ボリュームを上げてもノイズは起こりません。

改めて、コンデンサーの凄さを感じました。