タグから検索

ミニスイッチ取り付け Duncan P-Rails

今回はハムバッカーの取り付けをご紹介します!!!

が、ただのハムバッカーではございません。

ピックガードから、ピックアップ、ポットやスイッチまで、すべてを新調するご依頼を頂き、配線は僕が担当しました。

当工房では、1本のギターでも、作業内容によって、分担して進めることがあります。

こちらのピックアップ、配線の繋ぎ方を変えると、ハムバッカー、シングルコイル、そしてP-90と多彩な音を作り出すことができるという優れもの。

もちろん、本家とまったく同じとはいきませんが、特徴はしっかりととらえています。

1ボリューム1トーンにピックアップセレクターという良くあるコントロールにミニスイッチを2つ加えて、フロントリア個別にモードを切り替えられるようにします。

使用するパーツはこちら。

ミニスイッチはON-ON-ONの黒です。

端子の役割をしっかりと確認しておきます。

まず、ピックガードにパーツを取り付けます。

この時点でスイッチの向きなどを決めて、しっかりと固定します。

ここまでだと、よくある1ボリューム1トーンの配線です。

(コンデンサーはすべて完成後、サウンドを確認しながら選びます。)

いよいよミニスイッチです。

なんかややこしい配線になっていますね。

紙に配線図を書いて、確認しながら、繋いでいきます。

実は、メーカーはON-OFF-ONのミニスイッチを推奨しており、そちらを使うほうが、配線も簡単にできます。

では、なぜあえてON-ON-ONのスイッチを使っているのか。

メーカーに逆らいたいわけでも、難しい配線をして、技術を誇示したいわけでもありません。

ポイントはパーツのカラーです。

黒をご希望されていました。

ON-OFF-ONミニスイッチの黒は手に入りにくいパーツです。

(手にはいらないわけではありません。)

在庫を持っているところもすくなく、納期がかかるので、緊急時の対応が難しくなってしまいます。

一方ON-ON-ONの黒は手に入りやすいので、急な故障にも対応しやすくなります。

これがクロームやゴールドであれば、迷わずON-OFF=ONのスイッチを選んでいました。

できる限りシンプルにすることは大切ですが、先のことを見越して、あえて難しい方法を選ぶことも時には必要になります。