タグから検索

コンデンサー交換

ギターカスタムとして良く耳にすることのある「コンデンサー交換」。

ネットの情報などを参考にして、個人で交換される方もおられますが、当工房では、一風変わった方法を用いてコンデンサー交換を行っております。

コンデンサーってよく聞くけど、なにそれ?という方もおられると思いますので、簡単にご説明します。

キャパシタとも呼ばれ、そまざまな電気製品にも使われる、電子パーツです。

エフェクターやアンプにもたくさん使われていますが、今日は竿に焦点を当ててご紹介します。

高音を通して、低音を通さないという特性を活かして、トーンコントロールをするために用いられています。

周波数を限定したボリュームのようなもので、高音だけをアースに落とすことで、モコモコとした音を作り出します。

本来の目的はトーンコントロールを行うことですが、付け替えると音が変わるんですよ!!

数値はもちろんのこと、メーカーや型番でも変わります!!!

実はぼく、コンデンサー大好きです!!

これ以上書くとさらに長くなりそうなので、作業に進みます。

こちらが今回のコンデンサー交換を行うギター。

アッセンブリはこんな感じ。

1Vol1Toneのシンプル配線。

配線を整理すると、コンデンサーが顔を出してきました。

このコンデンサーを外して、新しいコンデンサーをハンダ付けすれば、コンデンサー交換終了!!

で す が ・・・

コンデンサーではなく、ワニ口クリップを取り付けます。

ワニ口の反対はこんな端子になっています。

ジャン!!!

ElevenGuitars製コンデンサー鳴き比べマシーン!!!

というほど大げさなものではありませんが、時間をかけずにコンデンサーを音を聞き比べることができます。

コンデンサーの交換は早くても2,3分、ストラトなんかだと5分以上かかります。

前がどんな音だったか忘れてしまいますよね。

このアタッチメントがあると気軽に素早く、たくさんのコンデンサーを試すことができます。

アンプやエフェクターも繋いで、普段の演奏時と同じ状況で、たくさんのコンデンサーを試して頂きました。

たくさんあるので、さらっと試していき、ピンときたものだけ残して、何度も弾き比べて、絞っていきます。

正直、よーく聴かないと違いがわからないようなモノもありますが、その微々たる差の積み重ねが音を造り上げていきます!!

お気に入りが見つかったようですね。