タグから検索
  • 岩崎

ジャックプレート交換

本日は、ジャックではなく、ジャックを固定しているプレートの交換をご紹介します。

ストラトなどで見かける舟形や、レスポールのようなサイドジャックの楽器に使われるスクエア、キャッツアイなど、様々なカタチがあります。

今回交換するのは、テレキャスタータイプに使われるジャックプレートです。

修理が必要というわけではありませんが、いくつかの弱点があるので、交換してしまいます。

まずひとつ目の弱点が、形状です。

ボディーに入り込む、凹んだ形状になっているので、L型プラグのシールドが差さりません。

現に今回も、ギター買ったら今までのシールドが使えない・・・というご相談を頂き、交換することになりました。

ふたつ目の弱点は取り付け方法。

ボディーに開けられたザグリ(穴)に対して、金属のプレートを食い込ませて固定し、そこにジャックを取り付けています。

ジャックの抜き差しを繰り返していると、木部が削れて、すぐにグラグラに緩んでしまいます。

それでもテレキャスターのルックスを守るために、最近ではビスで固定できるタイプもありますが、やはりL型プラグは使用できません・・・。

ルックスよりも、使いやすさを重視ということで、交換していきます。

スクエアのジャックプレートを使用します。

カラーはコスモブラック。

まずは取り付け位置を決めます。

プレートが決まれば、下穴の位置がわかるように千枚通しでポイントを打ちます。

千枚通しのポイントを目印に、ドリルで下穴をあけていきます。

穴があけられたら、塗装の剥がれを防止するために、面取りをしていきます。

下穴完成!!

プレートを取り付けていきます。

先に、ジャックをプレートに取り付けます。

緩み止めの菊座ワッシャーも忘れずに。

最後にボディーにジャックプレートを取り付けて完成です。

L型プラグのシールドが使えることはもちろんのこと、金属製のプレートをセレクトしたので、ガッチリと固定できて安心です!!!

過去の記事
ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511(楽器修理/改造のご相談はメールにてお願い致します)
定休日 月曜 (祝日も含む)
営業時間 10:00〜(スタジオ予約状況により変動あり)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)