タグから検索

製作ST 8

June 28, 2016

引き続き、現在製作中STの製作過程をご紹介します!前回ネックの塗装途中までをご紹介したので、今回は仮組み込みをしたいと思います!仮組み込みとは、組み込み作業を、一部塗装途中や木工が完了した時に行なう、確認作業のような物です。大量生産している工場等では、作業の効率を上げる為、このような作業をする事はありませんが、この時点で、仮組みをする事で、塗装完了後に行う組み込みやセットアップの精度が変わってきます!また、オーダー製作の場合はこの時、ネックグリップの確認をして頂いております。ネックだけを握って頂いてグリップをご確認して頂くよりも、弦を張って演奏してご確認して頂いたほうが、完成時をよりイメージして頂きやすいと思います!

 

 

では仮組み込みをして行きます。まずはネックをボディに取り付けます!最初にネックを取り付けて、ネックのセンターとボディのセンターにズレが無いか確認します!

センターズレも無く、スポークホイールによるトラスロッドの調整も上手く機能しています↓

 

 

 

次はブリッジ!Gotoh 510Tの6点ビス止めシンクロナイズドトレモロ!6点止めシンクロナイズドトレモロはビスの精度がとても求められます。6点の内一つでもズレてしまうと、アームを使用する時、動作が硬かったり、不自然だったりします。これは、アームを使用した時、チューニングが大きく狂う原因になるので、慎重に6点ビスの穴を空けます。

Gotoh 510T取り付け↓

 

 

 

続いてお次はペグ!板目ネックの方は Gotoh SD91を搭載。柾目ネックにはGotoh SGS510を搭載しております!

 

 

 

最後にナット溝を切り、弦を張って、ネックの状態を確かめます!まだフレットのスリ合わせをしていないので、ナット溝は完成の一歩手前程度に仕上げます。これで仮組込は完了です!

 

仮組み込みをして確認してみた所、手間隙を掛けた分ネックの精度はなかなか良い感じです!ネジれもなく、トラスロッドの効きも申し分ないと思います!フレットも殆どすり合わせしないで大丈夫な程、綺麗に打ち込まれていました。次はカラー塗装に入りたいと思います!

Please reload

Please reload

過去の記事
Please reload

ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511
定休日 毎週月曜日(祝日は営業)
営業時間 10:00〜24:20(スタジオ予約状況により23:00閉店)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)