タグから検索

Gretsch G6119B ブロードキャスターベース ブリッジ固定

知りませんでした、こんなのあるんですね。

テネシアン、ベースバージョンといったところでしょうか。 6119だとテネシーローズ?

ボディサイズがギターそのまんま。 サイズ変更は一切せずにベースネックを取り付けた、一見手抜きデザインですが(ピックアップサイズも全く変更なし…?)外観バランスが良いんです。 しかもブロードキャスターって! フェンダー傘下のグレッチが、この名前で弦楽器を世に出した事にも意味を感じます。 これ、好きです! 激しさの中にブルースフィーリングを醸すギタリスト・バンドが大好きな僕は、グレッチと言えばAC/DCのマルコム・ヤングのイメージ。 Back In Blackでホワイトファルコンを弾くマルコム、細身の体に巨大なギターが異様にアンバランスに見え、グレッチ=アメリカンサイズ、もうちょっとボディ小さければなぁ、と思っていましたが…違いました。 ネックを長くすればいいんや!!

では作業に! グレッチを筆頭に、フルアコ系ギター・ベースで採用される事の多い無固定ブリッジ。 チョーキングやスラップ等々、激しいプレイが求められる現代的な音楽とはミスマッチと感じる方も多いのではないでしょうか。 それはもう、よく動く。 オーナー様も煩わしいと感じておられる、チューニングのズレ、オクターブピッチのズレ、弦高設定の狂い等々、ブリッジが固定されていないことで起こる弊害を解消する為、固定してしまおう!という作業です。

ネック反り・弦高・ナット溝高さ・オクターブピッチを適正値に合わせ、ブリッジ固定の適正場所を決定。 木製ベースの足をガイドに、ボディトップの塗装を切ります。 塗装のみ、慎重に。

この部分の塗装を除去し、ブリッジを接着します。

ノミを使用し、塗装を剥がしています。 塗装を剥がす理由としては、単純に接着強度の増加が目的です。 塗装面にエポキシ系接着剤を使用し接着という手もあるかとは思いますが、純正塗装の定着具合に強度が左右されてしまうので、より確実な方法を選択しました。 いくら強固に接着しようとも、塗装ごと外れてしまったら元も子もないです。 木材/塗装/木材の接地ではなく、木材/木材の接地を採用する事で、サウンド面での質の向上にも一役買ってくれるはず。

底面をボディのアーチに合わせ成形し…

シンナーで脱脂。 接着の準備が整いました。

タイトボンドで接着。 ポリウレタン塗装でしたので、マスキングは行わず大胆に。

水溶性の接着剤ですので、拭き取れば綺麗に取れます。

完成です! 見た目には接着されていることは殆ど分からないと思いますが、その強度は確かなもの。 仮に強い負荷が掛かったとして、接着が外れてしまうよりも前に木製ベースが割れるでしょう…

メーカーは、それ(高負荷で割れる)だから接着しないのですが、弦交換毎にブリッジ位置決めを強要する仕様も考えもの。 ぶつけたりという事が無ければ何の問題もありません、丁寧に扱いましょう! ご利用いただき誠にありがとうございます! ご満足いただけましたら幸いです。

過去の記事