top of page
タグから検索

Gretsch G6119B ブロードキャスターベース ブリッジ固定

知りませんでした、こんなのあるんですね。

テネシアン、ベースバージョンといったところでしょうか。 6119だとテネシーローズ?

ボディサイズがギターそのまんま。 サイズ変更は一切せずにベースネックを取り付けた、一見手抜きデザインですが(ピックアップサイズも全く変更なし…?)外観バランスが良いんです。 しかもブロードキャスターって! フェンダー傘下のグレッチが、この名前で弦楽器を世に出した事にも意味を感じます。 これ、好きです! 激しさの中にブルースフィーリングを醸すギタリスト・バンドが大好きな僕は、グレッチと言えばAC/DCのマルコム・ヤングのイメージ。 Back In Blackでホワイトファルコンを弾くマルコム、細身の体に巨大なギターが異様にアンバランスに見え、グレッチ=アメリカンサイズ、もうちょっとボディ小さければなぁ、と思っていましたが…違いました。 ネックを長くすればいいんや!!

では作業に! グレッチを筆頭に、フルアコ系ギター・ベースで採用される事の多い無固定ブリッジ。 チョーキングやスラップ等々、激しいプレイが求められる現代的な音楽とはミスマッチと感じる方も多いのではないでしょうか。 それはもう、よく動く。 オーナー様も煩わしいと感じておられる、チューニングのズレ、オクターブピッチのズレ、弦高設定の狂い等々、ブリッジが固定されていないことで起こる弊害を解消する為、固定してしまおう!という作業です。

ネック反り・弦高・ナット溝高さ・オクターブピッチを適正値に合わせ、ブリッジ固定の適正場所を決定。 木製ベースの足をガイドに、ボディトップの塗装を切ります。 塗装のみ、慎重に。

この部分の塗装を除去し、ブリッジを接着します。