タグから検索

DCジャック交換 ProCo RAT II

今回のエフェクターのモディファイをご紹介します。

今回はサウンドやルックスの改造ではなく、「使いやすさ」を良くするための改造になります。

ProCoのRAT IIです。

世界三大ギタリストと呼ばれるジェフベックさんが使用したことで広まったディストーションです。

日本では、椎名林檎さんの丸の内サディステッィクの歌詞に出てくることでも有名かもしれません。

ディストーションと書きましたが、つまみの設定次第で、オーバードライブからファズっぽい音まで幅広く使用できる便利なエフェクターです。

しかし、ちょっとした欠点も・・・。

電源供給がミニプラグ用のジャックになっています。

電池や、単品で使用する場合はさほど問題ありませんが、エフェクトボード内でいくつかのエフェクターと電源を共有したい場合などは不便になります。

また、ミニプラグのアダプターが手に入りにくいことも欠点のひとつです。

変換のアダプターなんかもありますが、繋ぐパーツが増えればその分トラブルのリスクも増えるので、なるべく避けたいものです。

ということで、エフェクターのジャックを交換することになりました。

上が一般的に使われているアダプターのプラグ。

下が今回のエフェクター用のミニプラグです。

まずはアダプターのプラスとマイナスを確認します。

DC電源のプラスとマイナスを間違うと故障の原因になるので、要注意!!

ジャックはプラグを差すと電池の接点が外れる、スイッチジャックが使われていました。

ジャック交換のついでに、電池は一切使わないので、取り外してほしいということになりました。

アダプターのプラスマイナスをもとに、配線の役割を分析します。

今は電池は使わなくても、いずれ使うかもしれないので、そのままスイッチジャックを・・・。という考えもありましたが、スイッチジャックのように複雑なつくりになるとそれだけ故障の危険性も増します。

できる限りシンプルにして、トラブルを回避します。

使用するのはφ5.5×2.1のDCプラグです。

ジャックを取り付ける穴を少し拡張する必要があったので、リーマーで広げます。

金属の削り粕が基板に付着しないよう注意します。