タグから検索

Fender CustomShop ST フレット交換 22F化

June 15, 2016

 

80年代後半のカスタムショップ製ストラト。

 

 ボディの激しいヤケ、ネックにびっしり入ったウェザーチェックが貫禄の一本。
フレットの減りが気になるとのことで、フレット交換をご依頼いただきました。


ビンテージフェンダーを踏襲した7.25inの指板Rが採用され、摩耗しきったフレットと相まり、弦高設定がかなりのスパルタ仕様。
1弦12F 2.4mm を下回ると、チョーキングでの音詰まりが発生します。 
ヘビーゲージを好んで張っておられる事が災いし、ネックの波打ちも気になる所。

指板修正を含むフレット交換を行い、この問題を一掃します!
また、上記と併せて22F化をご希望されておりますので、生まれ変わらせるつもりで作業に臨ませていただきました。


 

 


 

 

純正はこのような21F仕様。

まずはフレットを抜き取り…


 

 

21Fからエンド側の指板を飛ばします。
1ピースネックですので、正確には指板"面"。




 

 

色味、木目の似たハードメイプルの木片を用意し…

 

 


ある程度の余裕を持たせたサイズに成型し、接着します。



 

 



 








 

 

接着した木材(延長部)にフレット溝を切り…





 

 
成型。
指板R / エンド部形状を、フェンダーネックに合わせ加工します。
あくまでフェンダーらしく。


写真では分かりにくいですが、実は追加延長部とネックの木材に日焼けによる色味の差が出ています。
延長した部分がネック元材に比べ、白く綺麗すぎます。

すでに指板面の塗装は完全に除去されていますが、経年変化による木材自体の日焼けにより生じた色味の違いが。
別々のネックであれば気にも留めない様なわずかな差ですが、一本のネックとして認識した場合、製材されて間もない木材と30年近く前に製作されたネックの微妙な質感の差が気になってしまいます。






 

 

延長部を中心に、水性ステインで着色。

木材ヤケを再現した色合わせを行い…



 

 

フレットを打ち、ラッカーでオーバーコート。
上で行ったステイン着色に加え、ラッカーで調色した飴色を重ねています。
今度はラッカー塗装の色ヤケを再現しました。


使用フレットはジェスカー(JESCAR)の9662。
ジムダンロップ6150と同寸法、ミディアムジャンボサイズの定番です。







 

 


ネックをボディにセット。

 

 

ピックガードとのクリアランスも良い感じです。




こちらのギターをご依頼いただいたオーナー様。
ご自分で配線をカスタムするのが趣味との事で、22F化した際のツバ出し仕様ネックにより、ピックガードを外す事が困難になる点を懸念しておられました。

ツバ出し・・・22F化に伴い延長した指板エンドがピックガードを覆うように突き出しています。
この様な場合、ピックガードと一体化されているコントロールアッセンブリにアクセスする為には、ほぼ確実にネックを外さないといけません。

ネックジョイントというデリケートな部分を気軽に外す事は気がひけるとの事でしたので、ネックを外さなくともピックガードの脱着が可能になる様、ピックガード自体に加工を行いました。

 


延長した指板エンド部の形状をなぞり書きます。




 

 

手加工で切り欠き。
加工範囲を必要最低限に留め、外観の変化を感じさせない様なさりげない佇まいに。
弦を外し、ピックガードのビスを緩めさえすれば、簡単に無理なくピックガードを取り外す事ができます。




 

 

完成です!





施工前の写真と見比べると、フレットが1つ増えているのがお分かりいただけるかと思います。

 
ワンピースネックにツバだし22Fと、非常に珍しい見た目となりました。

正確には21フレットからエンド側は貼りメイプルとなり、純粋なワンピースネックではありませんが、簡単には継ぎ目がわからない様仕上げています。

フレット交換を行った事で、当初の懸念点であった弦高設定の適正化に加え、音の立ち上がりがはっきりくっきりと。枯れた中にもフレッシュさを感じる、シングルコイルSTのトーンが復活しました。


 

 

指板延長。
それなりに手間のかかる作業ですが、フレット交換に合わせてご依頼いただくと綺麗に仕上がる事に加え、諸々の作業を一斉に行えますので金額的にもおトクです。


ご依頼いただき誠にありがとうございます!
ご満足頂ければ幸いです。

 

Please reload

Please reload

過去の記事
Please reload

ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511
定休日 無し
営業時間 10:00〜24:20(スタジオ予約状況により23:00閉店)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)