top of page
タグから検索

Morris W-60 フレット・ナット・サドル交換 象牙

70年代国産モーリス。 マーチンスタイルの縦ロゴが特徴的な、古き良きジャパンビンテージ 。

サイドバックは合板ながら"ハカランダ"。 気合が入ったモデルです。

ご依頼いただいたオーナー様が、お父さんから受け継いだそう。 僕が勝手に提唱している、"ギター弾いてないツレの実家にあるギターNo,1"の称号は伊達じゃありません。

長い間放置されていたようで、フレット周りはボロボロ。

所々に浮きが見受けられ、音詰まりも発生しています。

オーナー様との協議の結果、フレット交換+ナット・サドルの交換を行い、ボロボロのこの子を生まれ変わらせることに! ナット・サドル材は象牙を使用し、音質・美観共にグレードアップを目指します。

フレット交換に伴いフレットを抜き取り、狂いの出た指板面を丁寧に研磨。 しっとりと油分を含んだ非常に質の高いローズウッドが使用されています。 木目もウネる事なく真っ直ぐ。このような高品質な木材は今となっては探さないと出てきません。 サイド/バックがハカランダ合板ですが、まさか… さすがにインドローズでしょうが、ハカランダっぽい赤みがあるんですよね…まさか。

ほんならばフレットを打ちます。 バインディング(ネックサイドの白い縁取り)有りのネックにフレットを打ち込む際、バインディング分フレットの足(タング)を切り欠く必要があります。

タングを切り欠く際に使用する専用工具です。そのまま&