タグから検索

製作 ST 6

六月に入り気温も高くなってきました。梅雨入りした場所もあるみたいですね。この季節の風物詩と言えばそう蛍!竜王工房近くのあぜ道で見かけたので思わず写真を撮りました!風情があっていいですね。

では本題の現在製作中STの製作過程をご紹介します。前回ポジションマークの打ち込みと指板面を研磨したので今回は、グリップ出し加工をして行きます。ですがその前に指板からヘッドにかけて、なだらかに繋がるようにスロープ加工をします。まず不要な部分を大まかに木工ヤスリなどで削り落とし、豆カンナでギリギリまで削りサンドペーパーで仕上げます。

スロープ加工前↓

木工ヤスリで不要な部分を削り落とす↓ かなり目の粗いヤスリを使うのでヘッドTOPや指板などにヤスリの刃を当てないように注意します。この後豆カンナで下画像の段差を削り落とします。

サンドペーパーで仕上げてスロープ加工完了↓指板からヘッドへなだらかにスロープが形成されています。

続いてグリップ出し加工!ヘッド側の方から形成して行きます。こちらもまず不要な部分を木工ヤスリで荒削りして行きます。

加工前↓

お馴染みの木工ヤスリで荒削りします↓

荒削り↓ グリップらしくなってきました!

ヘッド側の荒削りが終われば次はジョイント側を荒削りします。 グリップ中央部分の加工を後回しにするのは、その方が加工し易いと言うのもありますが、ネックグリップの厚みを決める時、1フレットと12フレット地点のネックの厚みを設定し、トラスロッドを仕込む深さを計算しているので、先に1フレットに近いヘッド側と、12フレットに近いジョイント側の加工をして、ネック厚の数値を出しきり、正確なグリップ出し加工をするためです!

ジョイント側荒削り完了↓

次は、グリップ中央部を荒削りが終われば、豆カンナで形成して行きます。

そしてサンドペーパーで仕上げてネックグリップ出し加工完了!クセのないCシェイプに仕上げております!

ネックの木工もあと一息という所まで来ました!

過去の記事