タグから検索

Gibson SG ラップ塗装 リフィニッシュ

今日はギブソンSGのリフィニッシュ。このSGは、USEDの物を仕入れてカスタマイズを施し、ElevenGuitars守山店で販売させて頂いている物で、そのカスタマイズの作業過程をご紹介したいと思います。

今回は近年、話題になったラップ塗装に仕上げたいと思います!ラップ塗装とは元々、バイクのタンクなどに施されていたカスタムペイントの一つで、一番下のベースに黒など濃い色を塗装して、その上からシルバーメタリックを塗装し、ラップを貼り付けて模様を付ける塗装です。今回はギターやベースで定番カラーの3トーンサンバーストを、ラップ塗装で表現したいと思います!

Gibson SG リフィニッシュ前のカラーはシースルーブラウン。ボディとネックはマホガニー。指板はローズウッドでバインディングが巻かれていて、ポジションマークはディッシュインレイです↓

まずは元塗装をサンドペーパーやダブルアクションサンダーで削り落とします。

塗装を剥がして見ると、裏パネルキャビティー部が、エグレておりパテで埋められていました。今回塗り替えるカラーが、ラップ塗装の3トーンサンバーストで、おそらくこの部分はシースルーになり木目が透けて見える所なので、ボディと同じマホガニーで埋め直します。

まずはもともと埋められていたパテを取り除きます。↓

そしてマホガニーを木工ボンドで貼り付けてクランプで挟み圧着します。↓

木工ボンドが完全乾燥したらクランプを外して裏パネルキャビティーの形に合うように形成します。↓

パテで埋められていた時よりずいぶん目立たなくなりました。

元塗装が完全に剥がれたら木地研磨をして塗装に入ります。ウッドシーラーで目止めをし、中塗りをして塗面の平面を出します。そして塗装の平面が出たら、カラーとラップ塗装に入ります!普通の3トーンサンバーストはボディ中央部がアンバーやヴィンテージイエローで着色されており、外周部にかけてシースルーレッドをグラデーションし、そのさらに外側をブラックでグラデーション状に濃くなっていくカラーなんですが、今回はシースルーレッドのグラデーション部分にラップ塗装をします!

まずアンバーを着色して、クリヤーをオーバーコートして乾燥させます。そして透明で肉厚に塗装できるサンディングシーラーを塗装してラップを貼り付けて模様をつけます。透明な塗料層に模様を付けても意味ないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、下の図などを使って説明していきます。

塗装の断面図1↓

そして柄を付けたラップ層の上からシースルーレッドをボディの外周部にかけてグラデーションします。そして乾燥させます。

図2↓ラップ層の上の赤い層がシースルーレッドのグラデーション層です。

図2の時のようす↓ ラップ塗装の模様はランダムに付くので、今回の物と全く同じ模様を付ける事は出来ないのですが、木目のように一つとして同じものはない個性溢れる一点物の良さがあります。

そして乾燥したら、ラップ塗装をしてできた模様の凹凸をある程度、研磨で平らにして行きます。すると凹凸と一緒にシースルーレッドの層が削り落とされ、さらにラップ層が透明なので、アンバー層が鮮明にが見えるようになります。絵画などで使われている”スクラッチ”という手法に近いのかも知れません。もちろんこの時削り過ぎるとシースルーレッド層が無くなり、ただのアンバーになってしまったり、模様が不自然になるので、ようすを見ながら慎重に研磨して行きます。

図3↓

そして一番外側のブラックをグラデーションしてオーバーコートし塗装は完了です!メタリックで塗装される事の多いラップ塗装ですが、シースルーで表現するのも、魅力的だと思います!

塗装が終わると磨き上げをし、パーツを取り付けてセットアップをして完成です。

ボディの外側から中央へ行くにつれ、シースルーレッドとラップ塗装の模様が薄くなっており、3トーンサンバーストをラップ塗装で上手く表現出来たと思います!

今後もこういった特殊塗装、カスタムペイントは積極的にトライして行きたいと思います!