タグから検索

シールド製作

シールドは楽器の信号をアンプに伝える大切な役割を果たしています。

使うシールドによって音色も変化するので、音づくりにおいても重量なところです。

無駄に長いシールドを使うと信号伝達の効率が悪くなります。かといって短すぎると断線などのリスクが高くなります。

必要に応じて、適正な長さのシールドを用意してください。

ちょうど良い長さのシールドが手に入らない場合はオーダー頂くことも可能です。

それでは、オーダー頂いたシールドの製作工程をご紹介します。

シールド素材
ベルデン9778 スイッチクラフト

使う素材はこちら。

ケーブルはBelden9778、プラグはL型がSWITCHCRAFT製、ストレートがTOMOCA製を使用。

9778はクセも少なく、ケーブルもやらかいのでとり回ししやすい。そしてそこまで値段が高くないので、オススメのケーブルのひとつです。

指定がない場合は9778にSWITCHCRAFT製のプラグでシールドを製作させて頂いておりますが、ご希望の素材を指定して頂くことも可能です。

被膜切込み
被膜カット

まずは一番外の被膜にカッターで切込みをいれ、剥き取ります。

この覆われている導線がシールド線です。

シールド線をまとめたら、内側の被膜を剥きます。

内がホット側の配線になります。

ケーブル予備ハンダ
プラグ予備ハンダ

必ず、ケーブル、プラグともに予備ハンダを行います。

プラグ、ケーブルハンダ付け
ケーブル固定

端子をテスターで確認し、ハンダ付けしていきます。

ハンダがしっかりとついていることを確認して、ケーブルを固定します。

チューブ
ストレート完成

ケーブルがショートしないように、チューブにいれます。

ストレート完成!!!

Lプラグ製作
Lプラグ完成

L型プラグも製作工程は同じです。

7mのシールドケーブル1本、15cmのパッチケーブルを2本製作させて頂きました。

エフェクトボードを製作される際などは、大量のケーブルを使うので整理が大変。

配置に合わせてシールドを製作すると、すっきりとさせられますよ。

硬さ、太さ、音色、それぞれのケーブルに特徴があるので、使用状況によって選択する必要があります。

数種類のサンプルシールドをご用意しておりますので、ご興味のある方はぜひご来店ください。

タグ: