タグから検索

GIBSON GUARANTEED タッチアップ(塗装部分修正)

前回に続きタッチアップ(塗装部分修正)をご紹介します。

ご依頼頂いたのは”GIBSON GUARANTEED” タッチアップする箇所はヘッドトップ部です。

before写真↓

ペグホール周りの塗膜が浮いており、所々剥がれてしまっています。ヘッドプレートが樹脂製なのですが、塗料との定着が悪く、爪で軽く剥がせるほどに定着不良をおこしています。なので古い塗装を剥がして、新たに塗装をします。

まずは元塗装を剥がしていきます。↓

普段は、ドライヤー等で塗膜を暖め、軟化させてからスクレーパーで剥がして行くのですが、今回は軟化させなくてもペリペリ剥がれました。

元塗装が剥がせたら研磨をして塗装に入ります!元塗装と同じくラッカー塗料で塗装して行くのですが、ラッカー塗料を塗装する前にプライマーと言う、塗料と素材との密着性を高める塗料を塗装します。そしてラッカークリヤーを塗装して研磨し、塗膜の平面を出します。

プライマー塗装↓

塗膜の平面が出たら、ヘッドトップ部のブラックを塗装します。ですが、そのままブラックを塗装してしまうとロゴやヘッドインレイが塗り潰してしまうため、マスキング(養生)をします。そしてブラックを塗装します!

マスキングしたロゴとヘッドインレイ↓

バインディングもマスキング↓

ブラックを塗装↓

そしてマスキングを剥がしてクリヤーでオーバーコート。磨き上げをして完成です!

塗料の定着も良く、ロゴやヘッドインレイのマスキングしたラインも綺麗に仕上がりました!

タグ:

過去の記事