タグから検索

ノイズ対策 ブリッジアース Gibson LesPaul

Gibson LesPaul

今回ご相談頂いたギターはこちら!!

ギブソンのレスポールです。

個人的にはレスポールの形状が大好物で、初めて買ったギターもレスポールでした。

ストラトキャスターやテレキャスターにならび、ド定番とも言えるレスポールは、スタンダードなモデルにはハムバッカーと呼ばれるノイズに強いピックアップが搭載されています。

こちらのギターもハムバッカー搭載。

ですが、まともに演奏できないレベルにノイズが乗っています。

お話を聞くと、20年ほど昔、若かりしころにご自分でさまざまな改造をされたそうです。

かなり古いギターでもあるので、ノイズの原因になりそうなところをくまなく点検していきます。

ブリッジアーステスト

ノイズのご相談を受けた際は、まず一番にブリッジアースがしっかりととれているかを点検します。

ほとんどのエレキギターやエレキベースは、弦とアースをつなぐことで、演奏者と通じ、ノイズを地球へ逃がす構造になっています。

これをブリッジアースや弦アースと呼びます。

弦を触ってもノイズが減る気配がないので、テスター測ってみたところ、導通していません・・・。

ブリッジアースが機能していないということですね。

弦とつながる配線が外れていないか、アッセンブリをチェックします。

レスポールアッセンブリ

おそらくこれが弦とつながる配線だ!と思われる配線はしっかりとつながっていました。

続いてブリッジ側をチェックします。

レスポールはたいていコントロール側テールピースのアンカー部からブリッジアースを引っ張るので、アンカーを抜いてみます。

繋がっていたであろう線が断線して、下におっこちていました・・・。

新たに線を引き直し、アンカーを打ち込みます。

テールピースアンカーとアースの導通チェックをします。

しっかりと0Ωと出ています。

導通成功!!

ブリッジアース 導通チェック

弦を張って最終確認。

これで演奏中のノイズが大幅に減りました。