top of page
タグから検索

アンプクリーニング Marshall JCM2000

本日はアンプクリーニングをご紹介します。

リバーブの不良でお預かりしたのは『Marshall JCM2000』。

症状確認をしていると、どうやらリバーブユニットではなく、リバーブのコントロールツマミに問題がありそう・・・。

さっそく中を確認します。

JCM2000バックパネル内

バックパネルを開いてみると、すごいホコリ!!!

ホコリはポットのガリやジャック部の接触不良の原因、またひどい場合には水分を含んだホコリがパーツをショートさせてしまって、発火することもあります。

なかなかヘッドアンプのパネルを開けることはないと思いますが、バックパネルは専門知識がなくても開けられるので、定期的な掃除をオススメします。

JCM2000  基板

ヘッドアンプのボディーからシャーシを取り外します。

マーシャルJCM2000の基板はこんな感じです。

ちなみにこちらは2チャンネルのDSLシリーズです。

リバーブコントロールポット付近の配線や基板には問題なさそうなので、ポット自体の不良です。

ポットの損傷がひどい場合はパーツごと交換しますが、今回はそこまでひどくなさそうなので、クリーニングを行います。