タグから検索

アンプクリーニング Marshall JCM2000

本日はアンプクリーニングをご紹介します。

リバーブの不良でお預かりしたのは『Marshall JCM2000』。

症状確認をしていると、どうやらリバーブユニットではなく、リバーブのコントロールツマミに問題がありそう・・・。

さっそく中を確認します。

JCM2000バックパネル内

バックパネルを開いてみると、すごいホコリ!!!

ホコリはポットのガリやジャック部の接触不良の原因、またひどい場合には水分を含んだホコリがパーツをショートさせてしまって、発火することもあります。

なかなかヘッドアンプのパネルを開けることはないと思いますが、バックパネルは専門知識がなくても開けられるので、定期的な掃除をオススメします。

JCM2000  基板

ヘッドアンプのボディーからシャーシを取り外します。

マーシャルJCM2000の基板はこんな感じです。

ちなみにこちらは2チャンネルのDSLシリーズです。

リバーブコントロールポット付近の配線や基板には問題なさそうなので、ポット自体の不良です。

ポットの損傷がひどい場合はパーツごと交換しますが、今回はそこまでひどくなさそうなので、クリーニングを行います。

接点洗浄剤
接点洗浄剤 アップ

まずは洗浄剤をパーツの隙間から吹きかけ、ホコリや油分、ニコチンの汚れなどを落とします。

ツマミを回しながら、吹きかけていきます。

洗浄剤を15分ほど乾かします。

洗浄後は接点復活剤を吹きかけていきます。

接点復活剤はパーツ等の酸化により発生する抵抗を減少させる効果があります。

また、膜をを作り、パーツを保護する役割もあります。

たくさんの接点復活剤が販売されていますが、保護膜に粘つきが少ないものをオススメします。

粘ついた保護膜にホコリが付着し、ガリの原因となっているケースもよく目にします。

ポットやジャックのクリーニングを行い、シャーシのホコリをとり除けば完了。

リバーブも問題なく作動し、その他ツマミの小さなガリもなくなりました。

完全復活です!!!

真空管

楽器やエフェクターなど、すべての機材は定期的なメンテナンスが必要です。

トラブルの予防はもちろんですが、大切な機材をお手入れすると、よりいっそう愛着が湧きますよね。

少し掃除をするだけでも、スカッとした気持ちになれます。

楽器の大好きなみなさまの大切な機材。

これからも長く付き合っていくためのお手伝いをさせてください。