タグから検索

マイクロフォニック Epiphone Casino


カジノ

今回ご依頼を頂いたギターは、Epiphone Casino -エピフォン カジノ- です。

弾いているとボディーから変な音がするということで、ご相談頂きました。

耳を近づけてよく聞いてみると、ピックアップからカラカラカラと異音が聞こえてきます。

ピックアップを手で押さえると。カラカラは消えました。

共振というやつですね。

ずべてのものには、影響を受けやすい固有の周波数があります。

その周波数はモノの大きさや形状、材質によって変化します。

エレキギターはブリッジ、スイッチ、ピックアップ、ペグなど複数のパーツが使われています。

特定の音を出した時、おのおののパーツも影響を受けます。

その際にパーツの固定がしっかりとされていないと、共振してしまい、周辺パーツとの干渉によりノイズが出たり、ハウリングが起きたりします。

これを『マイクロフォニック現象』や『マイクロフォニック雑音』などと呼びます。

ピックアップが共振する原因を探ります。

カジノ ピックアップ

ドッグイヤータイプのP-90です。

ドッグイヤー P-90

ピックアップのベースプレートがカバーにハンダ付けされています。

よーーーく見るとハンダが外れていました。

止め直します!!!

カバー固定

まずはカバーをしっかりと固定します。

カバーハンダ付け

しっかりと固定された状態で、ハンダ付けしていきます。

ハンダがただ上に乗っかっているだけの状態にならないよう、しっかりと流し込みます。

弦を張って確認します。

カラカラ鳴りません!!!

共振の原因がわかってしまえば、対処は結構簡単にできます。

今回はハンダ付けでしたが、共振防止にはその他いろいろな方法があります。

ビスの共振防止や、ピックアップのハウリング防止のために、ロウ付けを行ったり、スポンジを使うこともあります。

音=振動です。

楽器本来の鳴りをころさないよにしながら、うまく振動と付き合っていくことが大切ですね。