タグから検索

マイクロフォニック Epiphone Casino

April 15, 2016

 

今回ご依頼を頂いたギターは、Epiphone Casino -エピフォン カジノ- です。

 

 

弾いているとボディーから変な音がするということで、ご相談頂きました。

 

 

 

 

 

耳を近づけてよく聞いてみると、ピックアップからカラカラカラと異音が聞こえてきます。

 

 

ピックアップを手で押さえると。カラカラは消えました。

 

 

 

共振というやつですね。

 

 

 

 

 

ずべてのものには、影響を受けやすい固有の周波数があります。

 

その周波数はモノの大きさや形状、材質によって変化します。

 

 

 

 

エレキギターはブリッジ、スイッチ、ピックアップ、ペグなど複数のパーツが使われています。

 

特定の音を出した時、おのおののパーツも影響を受けます。

 

その際にパーツの固定がしっかりとされていないと、共振してしまい、周辺パーツとの干渉によりノイズが出たり、ハウリングが起きたりします。

 

これを『マイクロフォニック現象』や『マイクロフォニック雑音』などと呼びます。

 

 

 

 

ピックアップが共振する原因を探ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドッグイヤータイプのP-90です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップのベースプレートがカバーにハンダ付けされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よーーーく見るとハンダが外れていました。

 

 

 

止め直します!!!

 

 

 

 

まずはカバーをしっかりと固定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと固定された状態で、ハンダ付けしていきます。

 

 

 

ハンダがただ上に乗っかっているだけの状態にならないよう、しっかりと流し込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弦を張って確認します。

 

カラカラ鳴りません!!!

 

 

 

共振の原因がわかってしまえば、対処は結構簡単にできます。

 

 

 

今回はハンダ付けでしたが、共振防止にはその他いろいろな方法があります。

 

ビスの共振防止や、ピックアップのハウリング防止のために、ロウ付けを行ったり、スポンジを使うこともあります。

 

 

 

 

音=振動です。

 

楽器本来の鳴りをころさないよにしながら、うまく振動と付き合っていくことが大切ですね。

 

Please reload

Please reload

過去の記事
Please reload

ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511
定休日 無し
営業時間 10:00〜24:20(スタジオ予約状況により23:00閉店)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)