タグから検索

ナット・サドル交換 YAMAHA AG

しばらく弾いていなかった楽器を復活させたいとのご依頼。

ナット 交換前

サドル 交換前

今回ご紹介する作業以前に 、ブリッジの浮きを修正させて頂いているのですが、写真の撮影を怠ってしまいました…!

剥がしたブリッジに乗っていた、なんちゃって偽エボニー樹脂を剥がして再塗装したり…

もちろん再接着に向け平面出しを行ったり… ボディカラーが黒である事もあり、少し手のかかる作業だったのですが、こんな写真しか残っていません。

いろいろ頑張ったのになぁ…。 気を取り直して!!ブリッジ浮き修正後からのご紹介です。

経年変化も相まって、ナット・サドルの設定が崩れ、バランスが取れていませんでしたので交換をご提案させていただきました。 製造段階の誤差でしょうが、サドルの寸法にも狂いが見られ、弦振動をしっかりとボディに伝えられていません。 演奏は可能ですが、この個体が発揮出来る100%には程遠い状態。

今回の交換では無漂白の牛骨ナットを使用します。 左→純正漂白牛骨ナット 右→今回使用する、無漂白牛骨ナット "ビンテージボーン"と呼ばれる事もありますが、熱処理後、漂白を掛けていない牛骨素材。 漂白により失われる油分が関係していると思われますが、漂白された牛骨に比べて高音域の出力が抑えられる傾向にあります。 耐久性を重視する為、TOP材が厚めに作られる事が多い国産アコースティックギターの特徴として、出音が少し腰高である事があり、今回依頼を頂きましたこの個体も類に違わずその特徴が見受けられます。 当工房製作のAGピックアップ"Hi-Fi"の搭載を前提に施工を進めさせていただいたのですが、このピックアップ自体が生音に比べ少し硬めに出力される特性を踏まえ、高音域の強さを軽減する必要がありました。

交換後

純正サドルスロットに合わせ、ぴったりと密着するよう成形。

Hi-Fiインストールに向け、セットアップが完了しました。 無漂白の牛骨ナットを採用した事により、しっかりと質量感のある出音を得る事ができています。 納品はまだ先ですが、ピックアップインストールに重要な設定の試行錯誤に時間をかける事ができるので、より良い

状態で納品させていただく事が出来そうです!

過去の記事