タグから検索
  • 秋元

ネック折れ修正 Gibson ES-335 接着

前回のSGと内容は被りますが、ネック折れ修正の接着編。

またギブソンです。

今回は比較的綺麗な折れ方です、木部の欠損もなく、塗装のダメージも最小限。

手で戻してみると、こんな感じ。 しっかりと接着してやれば、強度・美観共に回復が可能であろうと判断し、補強材は仕込まず修正を行います。

毎度接着に使用する"タイトボンド"

製作・リペアのほぼ全ての接着(木材同士)に使用する万能選手。 扱いやすさ・強度共に、これ以外は考えられません。

水溶性なので、水で希釈することもできます。 ヘラが入らないような狭い隙間には、母材の5%程の水を加え粘性を落としたボンドを使用し、注入器で流し込みます。

お注射。

ボンドが隅々まで行き渡ったら、クランプ。 ここまでの工程で今後の強度が決まるので、慎重かつ大胆に締め込みます。

1日乾燥室に安置し、接着完了。 破損箇所をオーバーコートしただけでは塗装のひび割れは残ってしまいます、色合わせのし易いカラーですので、再塗装に向け接着箇所を中心に木地を露出させました。 下地→カラー→トップコートと、破損部のみピンポイントでタッチアップします。 前回ご紹介したSGのネック折れ個体と同時に塗装に入れることが出来そうです、折れ方が異なり、塗装工程が若干違いますが、近いうちにご紹介できればと思います!

過去の記事
ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511(楽器修理/改造のご相談はメールにてお願い致します)
定休日 月曜 (祝日も含む)
営業時間 10:00〜(スタジオ予約状況により変動あり)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)