タグから検索

指板 打コン修正

April 6, 2016

 
楽器を弾いていると結構やっちゃいますよね…

 

6弦側9〜10フレット間の指板サイドに、米粒大の打痕が2箇所。
手で触れると、より凹みを感じ、弾き手によってはストレスを感じるレベルだと思います。



御存じの通り、ギター / ベースに関しては、殆どのモデルが木材で製作されています。
打痕・傷・割れ・欠け等物理的な破損はある程度仕方がなく、こういった破損を防ぐ為には、取り扱いに注意して頂く事が唯一最大の予防策でもあります。

とは言うものの、"演奏に熱中するあまり"や、"機材搬入の際に" など、通常考えられる範囲の使用環境下でも、先に述べた破損のリスクはついて回るもの。

気づいたらいつのまにか…という場合もあると思います。



…前置きが長くなると着地点がわからなくなるので結論から言ってしまうと、基本的には全ての物理的な破損は修正する事が出来ます。
もちろん、程度や仕上げにより作業工賃が大きく変動する部分ですので、気軽に"ご安心ください!"とは言えない部分でもありますが、ご依頼があれば、どんな状態からでも修理が可能です。

こんな大それた事を言った後に御紹介するには余りにもライトな修正ですが、今回の打痕も然り。
早速修正作業に取り掛かります。



 

 
用意するのは、半田ごてと濡れティッシュ。
打痕部分に蒸気を当てる事で凹みを浮かせるやり方です。
 

 
ジューっと、こんな感じに。

打痕にも種類があり、この方法が有効なパターンは限定されますが、今回の"押し込まれたような"打痕であれば、簡単に修復できます。

・木である場合

・打痕部分を中心に、木部が露出している場合

・欠けや亀裂、破損部に段差のない場合。

条件としては、こんなところでしょうか。
つまりは、指板面や指板サイドの打痕で、ある程度面の出た物にぶつけた場合に限定される作業、オイルフィニッシュ個体にも非常に有効な手段です。
破損の種類や程度に合わせ、いろいろな修正案を考える事が出来ないと成立しませんが、最善策を感覚的に探り、経験を踏まえ作業に反映します。


…偉そうな事を言いましたが、今回の作業はすごく簡単です。






 

 
凹みが浮き上がりました。

根本的な話をすると、フレット擦り合わせの様に、凹みの底面に合わせ全体を削り込んでやれば打痕は消えます。
ですがネック周りの破損修正に関しては、グリップシェイプに大きく関わる部分なので、可能な限り形を変えずに修正する事を第一優先に考えます。


"限りなく元通りに"がキーワードです。

 


蒸気を当てると少し毛羽立つ(?)感じになるので、ペーパーでさっと木地を整えます。
表現が正しいか分かりませんが、モケモケっとなるので、ツルツルっとします。




 

 

ツルツルっとしました。
 

蒸気に指板の油分が取られてしまいますので、最後にオイルを入れ完成。





 

 

これが…



 

 

こうなりました!




作業時間自体は10分程度、基本調整でお預かりした際のサービスですのでお代は頂きませんでした。

作業に関するお見積もりの対応をさせて頂いた際、お客様によって「こんなに安くできるの」と「なんでそんなに高いの」と、相反する2通りのお言葉をいただく事があります。

ギター工房なんてニッチな仕事、特に修理に関して、想像していた金額と提示された金額に開きがある事は正直な所仕方がない部分でもあるかもしれません。
当然サービスを提供する身としては、何にどれだけの費用が掛かるのかをより明確に表記する等、改善しないといけない部分がたくさんあるので言い訳にしかなりませんが、全ての内容を纏め切れないのも事実です。

なぜそんなに高いか?と言うご指摘に関しては、作業内容や破損状態を参照し詳しくご説明さしあげた上、問題の無い範囲で簡略化した作業パターンを提示する等で、金額の開きをある程度埋める事ができますが、なぜこんなに安いのか?と言う問いに関しては、「そんなもんなんですよ」という回答しかできません。


ギター修理=高額
なイメージが何となくあるのは事実と受け止めていますが、当然適正な金額を頂き営業を行っていますので、今回紹介させて頂いた修理の様に、メインで他の修理を行い簡易作業をついでに行う等の場合、代金をサービスさせて頂く場合もあります。

ギター工房を営業している側としては、「どうせ修理しても高いだろうし…」と諦めている方が結構な数いらっしゃるのでは無いかという部分が気にかかります。
「もっと高いと思っていた、よかった〜!」というお声も何度かお聞きしているので、まずはお気軽にご相談ください!

高かったらゴメンなさい!!

Please reload

Please reload

過去の記事
Please reload

ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511
定休日 無し
営業時間 10:00〜24:20(スタジオ予約状況により23:00閉店)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)