top of page
タグから検索

ネック折れ修正 Gibson SG

見事にぱっくりと。

Gibson SG ネック折れ

もはやマホガニーネックあるあると言ってしまって良い症状です。 今回の個体は、折れ→修理持ち込みまでの期間が短かった事もあり、破損面の荒れは少ない方。

ですが、2度目の折れとの事で、破損部には部分的に前回施工時の接着剤が残っています。 接着+補強材を仕込み、強度を回復します。

タイトボンド塗り込み

接着面を脱脂し、タイトボンドを入れます。 前回の折れと今回の折れ、破断の始点は全く一緒の様です。

前回の接着が悪いわけではないのですが、衝撃により"折れ"の始まる部分、亀裂の入り口とでもいいましょうか… その部分の強度が出ていなかった様。 破断がスタートした部分は同じですが、前回の折れとは異なる方向に亀裂が走っています。

圧着

兎にも角にも、接着しない事には何も始まりません。 クランプを使用し、圧着。 コレでもかとばかりに締め込みます。

接着後

接着後。 このように木部に欠けがあります。