top of page
タグから検索

シールディング テレキャスター

エレクトリックギターの誕生により、音量や音色面でとても便利になりました。

その反面エレクトリックならではの問題も多々あり、楽器製作者やプレーヤー、音響さんなどを悩ませております。

その中でも一番の悩みの種は『ノイズ』ではないでしょうか?

近年ではノイズに強い『アクティブピックアップ』が普及しておりますが、パッシブピックアップでは、金属カバーなどでのシールディングがノイズ対策として行われてきました。

テレキャスターのフロントピックアップや、ハムバッカーなどでよく見かけるやつです。

今回はテレキャスターの改造から、シールディングの注意点をご紹介しようと思います。

フェンダー テレキャスター

テレキャスターです。

スタンダードなテレキャスターとは違い、トーンポットがプッシュプルスイッチになっています。

最近ではネットなどで取り付け簡単カスタムサーキットなどが販売されており、気軽に改造が楽しめるようになりました。

しかし、つける機種によっては落とし穴が。

スイッチを引っ張ると音量が上がりますが、それ以上にひどいノイズが発生してします・・・。

どのような回路になっているかを確認します。