タグから検索

製作中!

March 16, 2016

小規模工房での製作は多少リスクを伴っていて、基本的には作れば作るほど、ほぼ赤字に近い形となってしまいます。
理由としては、単純に時間がかかる、パーツや木材の単価が高い等、生産の基本的な部分がなかなかクリアできません。
 

 

代金をいただける事が決定しているオーダーメイド製作に関してははその限りではありませんが、それでもかなり厳しい現実があり、他業種を経営しているお客様に、ざっくりとした製作における収支の概要をお話しすると失笑を買うレベルです。
現に、昨年始にオーダー受注を一時的にストップさせていただいた事があり、数件のオーダーの打診をお断りさせていただくという事態に至りました。

高額な大型機械を導入する予算がなかったり、ウチのように多種に及ぶ業務を少人数で完結させないといけない場合、"こうしたい、こうあるべきだよね"な希望的観測だけではどう考えても成立しない事が多くあります。

 

単純に人が足りない、人を雇うお金がない。

というやつです。


 

そこにある程度の規模の仕事が舞い込むと、これらの理由に託つけ、"忙しい"だの"手が回らない"だの、逃げの一手を打つ事で納得してしまい、現状に甘えて、ぬるま湯にinしてしまいます。
危機感を抱かせない程度に、それなりにあったかいのでつかり続けてしまいがちなのですが、やっぱり疑問が生まれるのです、これでいいのかなーと。
受動的な忙しさは非常にありがたいのですが、そこだけに期待し、発信を怠ると "それ以上" を生み出すのが非常に困難になってしまいます。

 

ウチの場合、同業者と比較した際にも、社内での同僚への叱責が多い方だと思うのですが、その度に限界を突破してきました。
結果として良い方向にも悪い方向にも転じる可能性があるのですが、とりあえずというか、体感してみないとわからないよね!という事です。


何を言いたいかは良く分かりませんが…


 

 
作っています、たくさん。



撮影できたのが僕の担当している物だけですので、これはほんの一部、+オーダーも数本。
福森と僕で今年何本上げれるか!的な競技性も多少あったり…


思えば、前職で約2年間経験した忙しさに比べれば、なんて事はありません。
前職では、出口の見えない(用意されていない)忙しさに希望を見出せませんでしたが、今は180度真逆。

"能動的な忙しさ"というやつに憧れがあるので、悩みながら、楽しみながら、大事に大事に、製作していこうと思います。

Please reload

Please reload

過去の記事
Please reload

ElevenGuitars(イレブンギターズ)
<楽器製作・修理・改造・販売・中古楽器販売・レンタルスタジオ・音楽教室・ライブイベント>

TEL : 0748-32-6511
定休日 毎週月曜日(祝日は営業)
営業時間 10:00〜24:20(スタジオ予約状況により23:00閉店)
〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町450-2
MAIL : eleven.guitars11@gmail.com

​各種クレジットカードがご利用いただけます。(ライブイベント除く)