タグから検索
  • 秋元

フレットすり合わせ ESP HORIZON

今回はESP ホライズンのフレットすり合わせ。 ESPといえば、ダウンチューニングなイメージ。 ご依頼いただいたオーナー様も、ヘビーゲージにドロップBと、低音の厚みを大事にしておられます。

ESP ホライズン

正直この手のギターを全く通っていないので、知識に乏しいですが、さすがESPといった感じ。 塗装・木工・配線等、ほぼ全ての部位において、カチッとした"製品感"を感じさせます。

施工前のフレット

ダウンチューニングのセットアップとしては一般的な弦高ですが、フレットの磨耗が激しく、所々ビビリが発生している箇所が。 ”すり合わせ”という作業を行う事により、この症状を軽減します。 簡単に言うと『各フレットの高さを均一にし、弦振動の干渉をなくす事によってビビりを解消するよ!』 といった作業です。

トラスロッド調整

直接的にフレットを削り込みますので、各部パーツを外し、すり合わせに向けた準備を。 トラスロッドでネックの反りを矯正します。 弦を張っていない状態で、弦を張った状態を再現する必要があります。 この工程でのミスは許されませんので、一番時間がかかります。 しっかり時間をかけることで、ネックの特性・ロッドの仕込み方等、ある程度把握する事ができます。 このネックは非常に素直。 反った分戻る、理想的なネックです。

マスキングで指板保護

準備が整いましたので、指板保護のマスキングを。 フレットを削る準備を行います。

使用する工具の一部

最適な長さにカットしたアルミの角柱にペーパーを貼り付け作業を行います。 フレットの磨耗具合にもよりますが、♯100(180)〜♯1500まで、段階的に番手を上げていきます。

アタリのでたフレット

ペーパーをあてますと、このように削れない(ペーパーが当たらない)部分が。 この部分が弦との磨耗が特に激しい部分であり、この部分にペーパーが当たるまで、全てのフレットを削り込みます。

均一に削りこまれたフレット

均一に削り込み、凹みは無くなりました。 指板アールに反っての施工が絶対条件です。 削り込むことによって台形になったフレット頂点を整形する作業があり、これが非常に重要なのですが、写真が… 撮影したつもりで意気揚々とSDカードを探っていたのですが、無い!!

作業に集中すると、こういった所が疎かになります。 申し訳ございません、こんな作業をおこなったんだなぁ…と、想像で補ってください… ・削ることにより、山型のフレット頂点が削れ"台形フレット"になる。  →フレット上で弦が触れるポイントがアバウトになり、ピッチが不安定に。  削りこんだ分、フレットのサイド(台形になったフレットの肩)を削り、ポイントをシャープに。 その後、キズ取りを行い、金属用の研磨剤で仕上げます。

磨き後

磨きを終えましたので、マスキングを剥がしました。

指板が少し乾燥しているようなので、クリーニングを行い、オイルを浸透させます。

オイルを浸透

しっとりと。

完成

弦を張り、セットアップ。 フロイドローズですので、各部の微調整に少し時間をかけ、完成。 6弦12F上1.4mm 1弦12F上0.9mmと、シビアなセッティングにもビビりは出ません。 もともとフレット自体の高さがあり、削りこんでもまだ残っています、シャープな出音の印象はそのままに、生まれ変わりました!

過去の記事